【動画加工ツール】YouTube上で人の顔をぼかす簡単な編集方法

【動画加工ツール】YouTube上で人の顔をぼかす簡単な編集方法

こんにちは♪
はるです。

YouTubeにアップした動画に、人の顔が映ってしまった!どうしよう!!という時があります。
顔にぼかしを入れる方法として、YouTube上で簡単に出来る方法をお伝えします。


スポンサーリンク

肖像権に注意しよう

人には肖像権、というものがあります。
肖像権については、こちらを参考にしてください。
⇒みんな知らない肖像権!無断でYouTubeにアップしたら肖像権の侵害です!!

意図せず、通行人の方が映っていてしまったり、顔出ししたくない友達が映ってしまっていることに、アップした後に気づくことがありますね。

難しい編集ソフトを使わなくても、YouTubeの「動画加工ツール」にて簡単にぼかしが入れられるのです。

人の顔以外でも、お店の看板をぼかしたい、とか、家の中の散らかり具合をぼかしたい、とかにも使えますので、使ってみてください。

 

2通りの方法があります

  • 自動的に顔を認識して、ぼかしてくれる方法
  • 自分で顔にチェックを入れて、ぼかす方法

自動的に、はとても楽ちんですが、まれに顔以外のものを誤認識して、ぼかしが入ってしまうことがあります。

自分できっちりチェックをしたい方は、カスタムする方法を使うといいです。
こちらですと、顔以外のものにもぼかしを入れられます。

 

 

動画をご覧ください

動画加工ツールで、ぼかしを入れる方法を動画に撮りました。
詳しくは、以下にて説明しています。

 

動画加工ツールへ

WS000002

1.YouTubeにログインします。
①左上の三本線をクリック
②マイチャンネルをクリックします。

 

WS000019

2.マイチャンネルの「動画の管理」をクリックします。

 

ws000002a

3.今までアップした動画の一覧が表示されます。
①編集したい動画の右下にある「編集」の▼をクリックします。
②「動画加工ツール」をクリックします。

 

 

ws000034a

4.動画加工ツールの画面になりました。
①「動画加工ツール」になっていることを確認
②「ぼかし効果」をクリックします

 

自動的に顔をぼかす方法(1:58~)

ws000034b

1.まずは、自動的に顔をぼかしてみましょう。
「顔のぼかし処理」の右横の適用をクリックします。

 

ws000035a

2.自動的に顔にぼかしが入りました。
再生すると、オリジナルとプレビュー画面で確認が出来ます。

こちらで大丈夫であれば、保存
やり直す時は、「最初の状態に戻す」をクリックします。

 

カスタムぼかしをする方法(4:24~)

ws000036a

1.「カスタムぼかし」の右横の「編集」をクリックします。

 

ws000038a

2.動画の中で、ぼかしを入れたいところをマウスで囲みます。

 

ws000039a

3.最初は、囲んだ場所が、動画全部の時間でぼかしが入ってしまってます。
ぼかしを入れたい時間を、調整します。

 

 

ws000041a

4.1つの動画内で、何か所もぼかしを入れることが出来ます。
これで、大丈夫であれば、「完了」をクリックします。

 

ws000042a

5.「保存」をクリックすると、上書きできます。

元の動画を残したい時は、「新しい動画として保存」をクリック
やり直したい時は、「最初の状態に戻す」をクリック

 

ws000043a

6.「保存」をクリックします。

 

ws000044a

7.「動画の管理」画面に戻ります。
「編集中」となっています。
反映されるまでは、少し時間がかかります。
しばらくお待ちくださいませ。

 

※サンプルの動画に映っている顔写真は、商用利用OKのサイトより引用しています。

 

まとめ

動画加工ツールを使うと、ぼかしを簡単に入れることが出来ました。
人の顔が映ってしまった、どうしよう!!
という時に、是非使ってみてください。

YouTube上にて、編集し、上書き保存が出来ることが嬉しいです。
動画を編集して、再度アップして、前の動画を削除して、、、という面倒なことをしなくて済むので、とてもありがたい機能です。





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ