【iPhone版】iMovieで、音声を消す、大きくする、音楽をつける方法

こんにちは♪
はるです。

iMovieでは、動画の音声を消したり、大きくしたりすることが出来ます。

外で撮影した時に、周りの音がうるさい時は、全部消して、0%に。
また、誰かの声を大きくしたい時などは、100%以上にすることも出来るのです!

iMovieで、音楽をつける方法と、注意点もお伝えします。


スポンサーリンク

動画をご覧ください

iMovieで、音声を消す、大きくする、音楽をつける方法を動画にしました。
まずはこちらをご覧ください。
詳しい説明は以下にあります。

 

音声を消す、大きくする

IMG_0329a

1.iMovieアプリをタップします。
iMovieで作成してある動画をタップします。
編集をタップします。

 

IMG_0396a

2.①音量を編集したい動画をタップします。
→周りが黄色くなる

②下のスピーカーボタンをタップします。

最初の状態では、音量は、「100%」になっています。

 

IMG_0397a

3.音を消したい時

丸ボタンを左にスライドさせると音量が小さくなります。
一番左にすると、完全に音を消すことが出来ます。

 

IMG_0398a

4.音量を上げたい時

丸ボタンを右にスライドさせると音量が大きくなります。
最大で、500%まで上げることが出来ます。

5.再生ボタンをタップして、音量を確認しましょう。
動画がいくつかに分かれている時は、それぞれの音量を編集します。

 

音楽をつける

IMG_0396b

1.iMovieで、音楽をつける時は、+ボタンをタップします。

 

 

IMG_0399a

2.オーディオをタップします。

 

 

IMG_0400a

3.テーマ曲をタップします。

 

 

IMG_0402a

4.この7曲は、著作権フリーの曲です。
YouTubeにアップしても大丈夫です。
使いたい曲をタップして、「使用」をタップします。

 

7曲しかない、というのが難点です。

 

購入した曲を使いたい

IMG_0400b

1.iTunesなどで購入した音楽を使いたい場合
著作権フリーの音楽のみ、YouTubeにアップ出来ます。
必ず、著作権には気をつけて下さい。

iTunesなどで購入した音楽には、ほとんどの曲に著作権がありますので、YouTubeにはアップ出来ません。

 

まとめ

iMovieを使うと、動画の音声を消す、大きくする、ということが出来ます。
音楽もつけることが出来ます。
しかし、iTunesなどで購入した音楽には、著作権があります。
著作権には必ず、気を付けてください。

iMovieでつけられる音楽は、7種類と少ないので、かなり飽きてきます。
そんな時は、別のアプリを使うと便利です。

次回へ続く。
⇒【iPhone版】iMovieで編集した動画にCaptureで音楽をつける方法

 

⇒【iPhone版】iMovieの使い方まとめ記事はこちらからどうぞ





自信がないからこそ夢が叶う方法知りたいですか?
▼3つの秘密の動画で暴露してます・・・(無料)
border=0
人生は今からやり直せます!



12月25日まで限定!
▼クリスマスプレゼントはこちらから
border=0
ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ