ネタバレ「家売るオンナの逆襲」第8話親子のしがらみを解き放て!の感想

ネタバレ「家売るオンナの逆襲」第8話親子のしがらみを解き放て!の感想

こんにちは♪
あなたのやりたいを見つけるコーディネーターはるです。

テーコー不動産の伝説の営業ウーマン、サンチーこと三軒屋万智(北川景子)は、「家を売るため」そのミッションのために、家を売って売って売りまくります。

サンチーは、家を売る、とはどういうことなのかを私たちに教えてくれます。
家を売る、ということは、マーケティングなんです!!
物を売りたい人、ブログでお金を稼ぎたい人は必見のドラマです。
ドラマをご一緒に見ながら、マーケティング力をつけていきましょう♪

「第8話三軒家チルドレン庭野の父が来店!よりマーケティング視点での気づきをお伝えします。


スポンサーリンク

今回のテーマは、卒業

庭野は、サンチーの犬、と同僚から言われ、サンチーからも一人前と認めてもらえない自分を嘆きます。

サンチーからの卒業から卒業できるのか
そして、父親からの卒業できるのか

足立王子は、サンチーが戻ってきてから、自分らしさを見失っています。
そして、留守堂から卒業できるのか

それぞれが卒業するためには、

「あなたはどうしたいのか」が大事だったのです。

今回のお客様は

今回のお客さんは、ケーキ屋を始めるという夢のために家を売りたい
母、棟方幸子(南野洋子)と、それに反対する娘のすみれ(大後寿々花)

「家を売りたくない」とすみれは言います。

そのすみれに対して
「ママの夢はどうなるの?人生最後の夢かもしれないのよ」と母の幸子は言います。

幸子は、いわゆる毒親、なのでしょうか?!

庭野の父がテーコー不動産に!

たこ焼き屋になる夢を叶えるため浜松の実家を売りたいという庭野の父茂雄(泉谷しげる)がテーコー不動産を訪れます。

庭野は、家は売らない!と言います。
商売に失敗しては財産を食いつぶしてきた茂雄にコリゴリしている様子です。

茂雄は「人生最後の勝負なんだよ!」と言います。

なんだか、幸子とすみれ母娘とそっくりのやりとりですね。

しかし、サンチーは、庭野の意見は聞かずに、自分が家を売ると宣言をしたのです。

私に売れない家はありません!!と通常運転のサンチー。

庭野にはわけがわかりません。
なんで、同僚である自分の意見は聞かずに、家を売ろうとするのか理解ができないのは当然です。

すみれは母のために家を売る?

そんな中、庭野と似た境遇の客、棟方すみれが、母・幸子のために家を売ることを決意します。

すみれはこう言いました。
「やっぱり母の夢を叶えてあげようと思いました。」

えー!すみれは本当にそれでいいの?!

そして、さっそく次に住む家の内見に行きます。

一人で暮らすお家です!

でも、ケーキ屋のスペースがありません。
不満な幸子に、サンチーはこう言います。

「幸子様、ここはあなたが一人で暮らすお家です。」

「すみれ様、たった一度の人生ですよ、お母様の・・・・・」

なぜかサンチーの言葉が出なくなってしまいました。
課長の浮気疑惑でサンチーの心にダメージがあったのでしょうか?!

(通訳しろ!)

庭野がサンチーの通訳をすることになりました。

「お母様の犠牲になってはいけません」

「自分の夢にお嬢さんを引きずり込まないでください」

「幸子様の人生は幸子様の人生、すみれ様の人生はすみれ様の人生です」

ここで、庭野にスイッチが入り始めます。

「本当にそうなんですよ!お母様の人生に付き合う必要はないんですよ!
自分も、すみれ様と同じような境遇ですが、
親一人子一人だと思うとなかなか突き放せないんですよね。
でも、それって違うんじゃないんですか!」

自分と同じ境遇のすみれに共感した庭野は、自分の言葉で話し始めたのです!!

でも、通訳以上のことを言ってしまって、庭野がひるみます。

サンチーは、

(良い!後は、庭野が話せ)

と口パクで伝えて、庭野の背中を押します。

自分には無理です!という庭野に

(庭野GO!)と、声が出ないのに、サンチーが背中を押します。

庭野が自分の言葉で伝える!

「すみれ様、同じ立場の自分が思うんですが、
親の夢に振り回されるのはもうこりごりですよね。

だったら、自分のことは自分で守らないと!
何もかも、お母様に奪われてしまいますよ。

世の中は、親孝行を美徳とします。
自分もそれにがんじがらめになっていました。
でも、成人して、独立すれば、親の人生は親の人生!
子供の人生は子供の人生なんですよー!

考え方が違っていてもいいじゃないですか
この家をどうするのか、お二人の意見が違うなら、
お二人名義のあの家を売って、お金を折半し、
それぞれの財産で、それぞれ好きに生きたらいいんです!

 

いつまでも親に縛られている必要はない!
今こそ親子の縁を切れ!
いつまでも娘にぶら下がるな!
親子のしがらみを解き放て!
親孝行なんて、くそくらえだー!

言い過ぎました、と恐縮する庭野だったが・・・

庭野さん、ありがとうございます!!

「わかりました。
あの家を売って、私、自分の取り分で、ワンルームのマンション買います!
一人で暮らします。
ホントはそれがずっと夢だったのに、そんなこと言ってはいけないと思って、自分を殺していました。
庭野さん、ありがとうございます!!」

言い過ぎを恐縮する庭野に、すみれが伝えたのは、庭野への感謝の言葉だったのです!!
庭野が自分の気持ちを自分の言葉で正直に伝えたからこそ、すみれの心に伝わったのです。

5,000万円で家を売って、それぞれの取り分で、家を買うことになりました。

正真正銘、庭野が家を売ったのでした!!

庭野が家を売りました!

サンチーが、課長に報告をする時に、

棟方様の家、庭野が5,000万円で売りました!
私ではなく、庭野が売りました!

と報告したのです。
サンチーは無表情ですが、心の中は嬉しいのだろうと思います。

息子の縁を切るぞ

庭野は実家に戻って、

家を売って、自分の取り分はもらう、と言いました。

「息子の縁を切るぞ!」と脅す父親に

「いいよ、切ってくれて」と穏やかに庭野は返しました。

庭野が大人になったのでした。
父親からも卒業したのです。

浮気をやめて頂けないでしょうか

やはり、サンチーは課長の浮気疑惑が気になっていたのです。

サンチーは、課長の浮気疑惑
課長は、サンチーと留守堂との関係

それぞれ心配していたことを相手にぶつけました。

「私が愛しているのは課長だけです!」

「僕達はお互いを信じよう」

お互いの気持ちを吐き出すことで愛を確かめあったのです。
よかったよかった!

自分の中だけでもやもやしていたら、疑惑が大きくなって、相手を信じることが出来なくなってしまうのですよね。
だから、不安な気持ちを相手に伝えて、自分の気持ちも相手に伝えることが大事ですね。

手を繋いで帰る2人。
これは、、、独り者が見たら超羨ましいヤツです!!
でも、なんとも微笑ましい2人です。

その微笑ましい様子を見ていた留守堂に異変が・・・
留守堂の愛情が嫉妬に変わってしまう?!

次回は「お客様のニーズを見極めろ!!」
第9話友情ごっこで家は売れないの感想はこちらから

第8話からの学び

自分の言葉で正直に伝えることの大切さ

サンチーが声が本当に声が出なかったのかどうか、はわかりませんが、
結果として、庭野に自分の言葉で話をさせたのです。

庭野がサンチーの言葉をまねしても、サンチーになることは出来ません。

庭野が自分の言葉で、正直にお客様のためを思って言った言葉だからこそ、お客さんの心を動かすことができました。

自分が儲かりたいから、とか
この家をなんとか売って自分の成績にするとか
そういうことではないんですよね。

お客さんの境遇が自分と似ていたこともありますが

今のままでは、お客さんのためにはならない、と心から思ったからこそ、伝わりました。

もちろん、初対面で、このように言われたら、お客さんも受け入れられません。
ここまで、何回もお会いして、庭野の誠実な人柄、まっすぐな性格を知って、信頼関係ができていたからこそ、伝わります。

勇気をもって、親子の縁を断ち切る!

そして、父親との関係も、卒業しました。
息子の縁を切る、と父親から言われても、切っていいよ、と言いました。

それは、本当に切るわけではなく、
でも、「親子の縁を断ち切れー!!」と庭野がお客さんに言ったように、
自らの意思で、親子の縁を切るのです。
それが精神的な自立なんです。

親に、自分の人生を支配されている場合ではないんです!

でも、親離れの決意が出来ない人は、親のことが心配で、親のことを想う心優しい人です。
「とても良い子」に育ってきたからこそ、なんですよね。
でも、もう、良い子は卒業です。
親から、冷たい人間、と思われてもいいんです。

私自身も、40歳を過ぎて、ようやくこの決意ができました。
きつかったけれど、自立出来た今の方が、何百倍も人生は豊かになりました。

そして、自立をした今の方が、親との関係は、とても良好です!

父親から卒業した庭野!
おめでとう!!
サンチーからの卒業はまだまだですかね・・・

足立王子も、留守堂から卒業して、自分らしさを取り戻してよかった!

物が売れなくてお悩みですか?
そんなあなたはサンチーから学ぶべし!
ドラマ「家売るオンナ」まとめ記事はこちら





自信がないからこそ夢が叶う方法知りたいですか?
▼3つの秘密の動画で暴露してます・・・(無料)
border=0
人生は今からやり直せます!



お仲間募集中!
▼好きなことをお仕事にしませんか?
border=0
ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ