ネタバレ「家売るオンナの逆襲」第9話友情ごっこで家は売れないの感想

ネタバレ「家売るオンナの逆襲」第9話友情ごっこで家は売れないの感想

こんにちは♪
あなたのやりたいを見つけるコーディネーターはるです。

テーコー不動産の伝説の営業ウーマン、サンチーこと三軒屋万智(北川景子)は、「家を売るため」そのミッションのために、家を売って売って売りまくります。

サンチーは、家を売る、とはどういうことなのかを私たちに教えてくれます。
家を売る、ということは、マーケティングなんです!!
物を売りたい人、ブログでお金を稼ぎたい人は必見のドラマです。
ドラマをご一緒に見ながら、マーケティング力をつけていきましょう♪

「第9話友情・愛情大錯綜で留守堂崩壊!?万智への愛がついに爆発!」よりマーケティング視点での気づきをお伝えします。


スポンサーリンク

庭野が張り切ってます・・・

庭野(工藤阿須加)は、同年代の施工会社の社員、真壁涼(入江甚儀)と出会います。
真壁は、買い手のつかない古い家のフルリノベーションを担当しました。
この家のデザインがデビュー作の真壁と庭野は意気投合しました。

「白い家が広さを感じさせますね」

リノベーション前は、昭和の和風住宅だったのに、スタジオみたいな家になりました。
お風呂はなんと、スケルトン?!

「写真を撮って、ホームーページにアップして、営業を開始します!!」
庭野は張り切っていました。

「自分」語りで盛り上がる2人

意気投合した庭野と真壁は
ちちんぷいぷいで飲みながら
仕事で何をしている時が楽しいのかを語り合います!

真壁「自分は、溢れ出るアイデアをデザインがにおこしている時が一番楽しいですかね!」

庭野「自分は、内見です!お客さんの表情がドアを開いた瞬間に、ふわーって明るくなる顔を見るのがたまらないんです!」

真壁「それわかるなー!」

仲が良さそうですね。
自分、自分、言い過ぎが笑えますね。
ちちんぷいぷいのママに指摘されても、自分、の何がいけないのかがわかっていない2人の表情が面白い!

カップルが内見にやってきました!

庭野「外観とはギャップのあるおしゃれな内装が売りでございます!」

庭野は、仲良くなった真壁のために家を売ろうと頑張っています。

ところがお客さんの反応がイマイチです。

お客さん「スケルトンのお風呂?ありえへん、丸見えやん」

庭野「そこがいいと設計デザイナーは申しております。
お客さんの宇宙というか、普通でない世界観というか」
庭野は慌てて物件の良さを説明します。

お客さん
「こりゃあかんな。

ごめんな。やめとくわ。
あほらし!こんな家誰が住むねん!」

なんと!
お客さんは、イマイチどころか、怒って帰ってしまいました。。。

真壁から期待のメールが!

真壁です。
反応どうですか?

自分のデビュー作なんで、
よろしくお願いします。
後で新宿に行くので、
テーコー不動産に寄ります。

庭野のスマホに、真壁からこのようなメールが入りました。
明らかに、お客さんの反応を期待しています。
庭野は、真壁にどう説明したらいいのかを悩みます。
真壁のために売りたい気持ちが強いけれど、お客さんの反応が悪いのです。

内見の申込みは他にも何件もあるのに、全然ダメでした。
庭野には、なぜ、お客さんの反応が悪いのかがわかりませんでした。

サンチーが突然私が売ります宣言

庭野が営業所に戻ると、

サンチーが、庭野が担当するリノベーションの家を
私が売りますと宣言したのです!!

するとそこへ真壁が営業所にやってきました。

サンチーが2人に言った言葉は

「ただし、全面畳にリノベーションし直します」

え?!
リノベーションしたばかりなのに?!
真壁が頑張ってデザインをしたこだわりのリノベーションなのに?!

畳にリノベーションし直すことに、2人は納得がいきません。

「真壁のデビュー作なんです!!」
と主張する庭野。
庭野は真壁のために、家を売りたいのです。

そんな庭野にサンチーはこう言いました。

「友情ごっこで家は売れない」

庭野は、なんとかサンチーを止めようとします。
今のままの真壁デザインを気に入って買ってくれる人を探そうとしますが、なかなか見つかりません。

落ち込む2人

サンチーの意図がわからなくて落ち込む2人。

真壁「自分の内装、そんなにダメでしたか?」

庭野「自分はなんていうか・・・」

お客さんからの反応がいまいちなことを正直に伝えられない庭野でした。

サンチーが家を売るお客さんは

サンチーがリノベーション物件を売るお客さんは
母と同居するのが夢の馬場礼子(酒井若菜)

しかし、礼子の母・静江は慣れ親しんだ今のアパート生活を変えるつもりはありませんでした。
同居なんてしたくない、アパートで一人暮らしをする!と言います。
このままでは家が売れません。

そんな母・静江を説得すべくサンチーがとった作戦は

今の暮らしと何も変わらない生活ができることを伝えることでした(ベネフィット)

  • 仲良しのお友達との関係を継続出来る
  • 馴染みの安いスーパーにも行ける
  • ゴミ出しの日も一緒

サンチーは、静江がこだわっているのは、今のアパートでの一人暮らし、なのではなく
今の家で培われた人間関係を手放したくない、ということに気づいたのです。

だから、今の家で培われた人間関係を手放さなくていい、ということがわかったら、静江の心は動いたのです。
ベネフィットが伝わったのです。

真壁がリノベーションをした家は、静江のアパートから数分のところにありました。
だから、サンチーはこの家を畳にリノベーションをし直して、礼子に売ったのです。

静江「今度ね、この家に引っ越すことになったの。
娘と住むんだ!
でも、今までと何も変わらないから、マルカンの安売り行こうね!」

仲良しのお友達に話す静江の表情は、穏やかになっていました。

家は住む人がいて初めて家である

サンチーが庭野に言いました。

「庭野、家は住む人がいて初めて家である。

内装のデザインも、お客様のためのものであって、
設計デザイナーのものではない。

不動産屋なら、お客様にとって
代わりの効かないものは何か

それを見極めろ!

それが見極められなければ、家は売れない!

だから、お前は家が売れないのだ!」

真壁に正直に伝えた庭野

ちちんぷいぷいで、庭野は真壁に会って、
サンチーから言われたことを正直に伝えました。

「家は住む人がいて初めて家である。
内装のデザインも、お客様のためのものであって、
設計デザイナーのものではない。」

庭野は、真壁が気を悪くするのではないかと心配をしていました。
ごめんなさい、と謝りながら伝えました。

ところが、真壁は庭野にお礼を言ったのです!!

真壁「よく教えてくれました!
自分、三軒屋さんのその言葉、胸に刻みます。」

留守堂の勘違いが発覚!

留守堂はサンチーへの想いがあふれてしまっていました。
でも、サンチーは、迷惑です!とはっきりと言います。
しかも、留守堂が勘違いをしていることを伝えたのです。

餃子をあげたマンチッチ
人工呼吸をしたマンチッチ

留守堂が恋心を抱くきっかけになった女神は、実は別の女性だったのです!

事実を受け入れられない留守堂は、
留守堂の愛情が憎しみに変わっていく?!

次回はいよいよ最終回、ラスボス登場!

9話サンチーからの家を売るための3つの学び

庭野がデザイナーの真壁と仲良くなって、家を売ることを張り切ったことは良いことでした。
一緒に頑張る仲間がいることはお互いに励みになりますし、嬉しい存在になります。
でも、家は売れませんでした。
なぜ売れなかったのか。

庭野は、真壁のために家を売ろうと頑張ろうと思ってしまったのです。

ここが、サンチーが指摘をした
「友情ごっこで家は売れない!」
というところでした。

①お客さんのために、を再確認する

デザイナーのため、ではなく、お客さんのため

庭野は、まっすぐで一生懸命だからこそ、今回は間違えてしまいました。
家は、デザイナーの自己満足のためにあるのではないのです。
「お客さんのため」
物を売る、商品を売る、お仕事をする、という時には、
ここを再確認することが大事です。

庭野だけではなくて、これは意外と誰もが陥ることなんです。
一生懸命仕事をしている時ほど、実は、自己満足になってしまっている時があります。
自分ではいい仕事をしているはずなのに、結果が出ない、売れない、という時は、「お客さんのため」というところを再確認してみましょう。

②正直に伝えることが大事

庭野は、真壁のために一生懸命になっていたからこそ、お客さんからの反応を、真壁に正直に伝えることが出来ませんでした。

真壁が頑張ってデザインをした気持ちがわかるからこそ、真壁が傷つくのではないか、と心配をしたのです。
庭野はとっても優しい人なんです。
でも、正直に伝えていた方が、真壁にとっても早く改善点が見つかるきっかけになっていました。

サンチーのように、ビシっと伝える必要はないので、自分の言葉で正直に伝えて、お客さんのために改善していくことがとても大事ですね。
相手のことを想って、正直に伝える、ということが大事です。
相手のことを傷つけようと想って言うのではない、ということです。
あなたが相手を想う気持ちは伝わります。

③ベネフィットを伝える

この家がどれだけすごいのか、を説明しても、それだけでは家は売れません。
お客さんにとっての、ベネフィットを伝えることが大事です。
ベネフィットとは、お客さんがわくわくするような未来。

この家に住んで幸せに暮らしている自分の姿が見えると、人は家を買うのです。

今回サンチーは、静江が同居を拒む理由を徹底的に調べました。
静江にとって大事なのは、今の生活と何も変わらない暮らしができること、でした。
それがわかったので、家が売れたのでした。

あなたにとっての「家」を売るため、のヒントになりましたら、嬉しいです。

私に売れない家はない!
物を売りたい人はサンチーから学ぶべし!
ドラマ「家売るオンナ」まとめ記事はこちら





自信がないからこそ夢が叶う方法知りたいですか?
▼3つの秘密の動画で暴露してます・・・(無料)
border=0
人生は今からやり直せます!



お仲間募集中!
▼好きなことをお仕事にしませんか?
border=0
ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ