YouTubeで、何分の動画を作ったら、見てもらえますか?【初心者編】

YouTubeで、何分の動画を作ったら、見てもらえますか?【初心者編】

こんにちは♪
はるです。

「YouTubeで、何分の動画を作るのが良いのでしょうか?」

このような質問を、よく頂きます。
YouTubeに興味を持たれたサポート生さんからの質問です。

こちらについて、お答えします。


スポンサーリンク

何分の動画がいいのか

10分以内が見てもらいやすいです。

 

継続してお客さんに見てもらうには、
3〜5分位が見やすい長さです。

 

紹介動画として、
1分位でまとめてもいいです。
短ければ、短いほど、見てもらえるかとは思います。

 

料理や手芸など、もの作りの動画の場合

私のように、料理を作る動画だったり、手芸の動画だったり、
何かの作り方を説明する動画の場合、
1分にまとめるなんて、ものすごく大変なことです。

 

「キューピー3分クッキング」をイメージして頂くとわかりやすいと思いますが、
3〜5分位にまとめるのがいいと思います。

 

長い動画はダメですか?

じゃあ、長い動画はダメなのか、というと、そんなことはないです。
あなたのテーマによります。

動画をアップしてみないことには、お客さんが見て下さるかどうかは、わかりません。

 

まずは、アップしてみる。
そのことが大事です。

アップする習慣が出来てから初めて、あなたにとってのベストな長さ、というものが見えてきます。

長い動画でもアップしてみてください。

15分以上の動画をアップするためにはこちら

動画の長さの目安

目安としては、あなたが普段よく見る動画の長さが目安です。

 

  • 1分位の短い動画が好きなら、1分位の動画をアップすればいい
  • 10分以上の長い動画が好きなら、長い動画をアップすればいい

あなたが見やすい長さのものは、お客さんも見やすいです。

でも・・

 

動画の長さを気にするよりも、大切なこと

YouTubeを始めてから3ヶ月間は、

動画をアップする習慣をつけること
動画の内容を大事にすること

この2つが大切です。

動画添削をされることで、動画の内容は必ず良くなっていきます。

サポートコースの方は、動画をアップされましたら、メールをくださいね。
どんな動画を撮ったらいいのかわからない方も、ご相談して頂けましたら、ご一緒に考えていきます。

YouTube初心者さんへ
YouTubeの動画作りの世界一優しいマニュアル記事まとめ

YouTube活かしながらブログで資産作る方法
自信がないままであなたの夢がブログで叶う動画カフェ7つのレシピ





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ