朝ドラ「ひよっこ」時子のスピーチに涙腺崩壊!おじさんではなく女子のために

朝ドラ「ひよっこ」時子のスピーチに涙腺崩壊!おじさんではなく女子のために

こんにちは♪
はるです。

私の好きな、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」
ものすごーく毎日楽しく見ていました。

ひよっこの良い所は、もうほんとにたくさんあり過ぎて語り尽くせませんが、何気ない日常に幸せがたくさんあることに気づかせてくれるドラマでした。
主人公のみね子(有村架純)をはじめ、これだけ普通の人たちの暮らしぶりに焦点を当てた朝ドラは今までなかったのではないかと思います。
私が印象に残ったシーンは、みね子の親友の時子(佐久間由衣)のツイッギーコンテストのスピーチです。
このコンテストに優勝した時子はスターへの道を進んでいくことになるのですが、優勝するために時子がしたことは、ネットビジネス成功の秘訣にもつながります。
時子のツイッギー優勝から学ぶネットビジネス成功の3つの秘訣とは?

そして、女子達だけのリハーサルが始まりました。
第24週「真っ赤なハートを君に」141話、142話より。


スポンサーリンク

女子達だけのリハーサルが始まる

あかね荘の住人はもちろん、
乙女寮の乙女たちや月時計のママ、米屋の米子も駆けつけます。

 

手作り感たっぷりの舞台。
時子は緊張した面持ちで出番を待ちます。

 

音楽が流れて、時子が登場。
ピンクのミニワンピが似合ってます。

それまでの自信なさげな表情が消えて、時子は堂々としていました。
時子の中で、何かが変わったのです。

 

いよいよスピーチ

時子はなんて言うのだろうか。
私は、最初に書いた時子のスピーチもすごく良いと思ったのです。
正直に、ありのままの自分を出していたので。

 

「日本中のいや世界中の女の子たち女性たち
いろいろ大変だよね、女として生きていくのは
でも でも
女の子の未来は私に任せて!

みんな、私についてきて!!」

 

笑顔で拳を突き上げて言う時子。
もう、時子、かっこいい!!

乙女たちは拍手喝采です。
まさに、女の子のための、女の子にとってのスターが誕生した。
そんな瞬間でした。
間違いなく、時子は優勝する!

 

 

「時子にはもっと堂々としていてほしい。」

「女の子が時子を見て、時子みたいになりたいなって思うようであってほしい」

 

親友のみね子が語る、時子の魅力だからこそ、時子はそれを受け入れて、舞台に上がったのです。
覚悟を決めて、堂々と話す時子はとてもとても輝いていました。

 

優勝した時子だが

優勝したものの、、
やっぱり不安はあります。
当たり前ですよね。
これから先は未知のことだらけなんですから。
人間なんだから、当然です。

不安はあっても大丈夫なんです。
あとは、やるかやらないか、それだけ。

 

「大丈夫かな?」

 

みね子は、不安気な時子を抱きしめて、こう言います。

 

「大丈夫にするしかない」

 

時子は、みね子に背中を押してもらって、スターへの道を歩いていくのです。

 

時子とみね子に教わったこと

覚悟を決めた時子もかっこいいですし
時子を自然に、そっと背中を押してあげるみね子もかっこいいです。

 

「ふわっとな生き方が好きで心地いいなのに、
わかってくれなくて悩んでいる、
そんな人を癒やしたい、
そのために動画とブログを使って
自立出来る道があることを伝えていきたい」

という、このブログを始めた頃のはるの初心を
時子とみね子のおかげで思い出しました。

 

だからさ

 

ふわっと生きたいあなたへ
いろいろ大変だよね、ふわっと生きていくのは。
でも でも
ふわっと生きるあなたの未来は私にまかせて!

あなたも私についてきて!!

 

一緒に頑張っていこう!
動画とブログであなたの未来は変わっていくから





自信がない・・
不安がいっぱい・・
そんなあなただからこそ夢が叶う♪
期間限定!!
やりたいことが見つかってお仕事に出来る!
▼3つの秘密の動画をプレゼント中~(無料)



▼美味しいレシピで夢を叶えるならこちら(有料)



こちらも合わせてどうぞ