YouTubeで15分以上の長い動画をアップするとエラーになる時の対処法

YouTubeで15分以上の長い動画をアップするとエラーになる時の対処法

こんにちは♪
はるです。

YouTubeに動画をアップする時に、15分以上の長さの動画をアップしようとすると、エラーとなってしまい、アップすることが出来ません。
それでも、YouTube上には、15分以上の動画がたくさんアップされていますよね。

初期設定のままでは、アップすることが出来ないのですが、ちょっとした設定をするだけで、15分以上の長さの動画をアップすることが出来きるのです。
その設定方法について、お伝えいたします。


スポンサーリンク

動画をご覧ください

「15分以上の動画をアップ出来る設定方法」について、動画に撮ってみました~
まずご覧くださいませ。

詳しい解説は、下に記載しています♪

 

 

 

設定方法の詳しい解説

1.YouTubeにログインします。
2.右上にある、「アップロード」のボタンをクリックします。(0:46)

 

3.アップロードする画面の下のところに(0:53〜)
15分を超える動画をアップロードしますか?という記載があります。
その右の「上限を引き上げる」をクリックします。

 

4.アカウントの確認(ステップ1/2)(1:15〜)
①国を選択のところを、日本を選びます。

②確認コードの受取方法を指定します。

  • 電話の自動音声メッセージ
  • SMS

どちらか、好きな方を選びます。

 

5.電話番号を入力する欄が現れます(1:48 〜)

①携帯電話の番号を入力します。

②送信をクリックします。

6.6ケタのコードを入力(2:05~)
自動音声を選んだ時は、電話の自動音声で6ケタのコードを聞きます。
SMSを選んだ時は、携帯電話のショートメールに6ケタのコードが送られてきます。

①6ケタのコードを入力します。

②送信をクリックします。

※テキストメッセージが送られてこない時は、前の画面に戻って、「電話の自動音声メッセージで受け取る」にチェックを入れ直してみてください。

 

7.確認済み、の画面になればOKです。(2:48~)
「次へ」をクリックします。

 

8.ステータスと機能の画面になります。(3:02~)
「制限時間を超える動画」のところに、「15分を超える動画もアップロードできるようになりました。」と表示されていて、「有効」となっていれば、OKです。

これで、あなたも、15分以上の動画をアップすることが出来るようになりました。

お疲れ様でした!

 

おまけ:アップロードサイズの上限について

これで、あなたも、15分以上の動画をアップすることが出来るようになりました。

でも、アップできるサイズの上限が決まっているんです。
(2017年9月現在)

  • サイズが128 GB まで
  • 時間が12 時間まで

このどちらかを越えないサイズまで、アップすることが出来ます。
詳しくはYouTubeヘルプを参照ください。

 

ここまで大きい動画をアップ出来るなんて、驚きですね。
ここまで大きい動画をアップすることは、なかなかないと思いますが!!
あなたのYouTubeライフがより豊かになることを願っています。

 





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ