写真の権利は撮影者にある!パクリ予防には署名をオススメ。

写真の権利は撮影者にある!パクリ予防には署名をオススメ。

こんにちは♪
はるです。

ブログに載せる写真ですが、署名を入れていない人が多いので、気になります。
署名は入れた方がいいです。
なぜ、署名を入れた方がいいのでしょうか?

ブログに載せる写真

出来たら署名入れましょう。
あなたのサインのようなものです。
ブログアドレスやハンドルネームなどを入れるといいです。

写真の権利は、撮影者にあります。

ブログの文章が簡単にコピペされるのと同じように、簡単に写真もパクられます。

「私の写真なんてたいしたことないので、
パクられてもいいです。。。」

あなたが、そう思う気持ちもわかります。
だけど、あなたが自分で撮った写真です。

やはり、自分の権利は自分で守る。
これは、鉄則です。
誰も守ってくれません。

料理ブログの写真

自分で作った料理の写真

署名いれましょう。
署名入れた方が、単純にカッコイイって思って、私は何年も前から入れてます。

見た目もカッコイイし、
権利も守られる

こんなにいいことはないです!!

お店での料理写真

まず、お店で料理写真や店内の写真を撮る時は、お店側に一言声をかけましょう。
店内撮影NGのお店もあります。
ショーケースは撮らないでください、という場合もあります。
お店側に従ってくださいね。

店内のお客さまが映らないように、気を配ることも大切です。

お店によっては、どんどん撮ってください!
SNSにあげちゃってください!
そんな時は遠慮なく写真撮りましょう。
(動画も許可撮ってくださいね)

ブログ書いてるんです!
オーナーさんとお話し出来たら、取材という形で、ネットには載っていない貴重なお話しが聞けます。

そして、お店の写真ではあるけれど
撮影者はあなたなので、
あなたの署名を入れていいんです。

大事なことは、リスペクトしているかどうか。
お店の宣伝になるように、
プロモーションとして書く、ということが基本です。

あなたが、そのお店の料理を美味しいと思わなかったなら、無理して、記事を書く必要はない、ということです。

本当は不味いと思ったのに、
美味しい〜と書くのは、
読者さんにも失礼です。


風景写真

風景写真も、撮影者に権利があります。
撮影禁止の場所、などは気をつけてください。

空の雲の写真を撮った。
もちろん、署名入れていいけれど、
署名が景色の邪魔になる、
と感じたら、
署名は入れなくてもいいです。


まとめ

写真の権利は、撮影者にあります。
写真には署名を入れましょう。
入れた方が見た目もカッコイイし、権利も守られます。

自分の権利は自分で守りましょう。





自信がない・・
不安がいっぱい・・
そんなあなただからこそ夢が叶う♪
期間限定!!
やりたいことが見つかってお仕事に出来る!
▼3つの秘密の動画をプレゼント中~(無料)



▼美味しいレシピで夢を叶えるならこちら(有料)



こちらも合わせてどうぞ