【ネタバレ】家売るオンナから学ぶ弱みを強みに変える気づき。頑張れ白洲美加!

こんにちは♪
はるです。

日本テレビ系、北川景子主演の「家売るオンナ」
このドラマが面白くてしょうがないです。

北川景子演じる三軒家万智は、不動産会社のスーパー営業ウーマン。
「家を売ることが私の仕事」と言い切り、「私に売れない家はない」という言葉通り、どんな物件でも売ります。
突然本社から新宿営業所に送り込まれたこの謎に満ちた、全く笑わない三軒家チーフ、一体何者なのか?

三軒家チーフの言動は、パワハラではないのか??という見方もあります。
ただのパワハラ、と言ってしまっては、もったいない気づきがたくさんあります。
「第2話 常識に囚われるな! 天才的不動産屋VS最強ひきこもり!!」より、弱みを強みに変える気づきをお伝えします。


スポンサーリンク

三軒家チーフはパワハラなのか

三軒家チーフの教育は、客観的には嫌です。
こんな上司がいたら、嫌です。

でも、北川景子が演じているから、なんだか可愛らしいのです。
目を見開いた演技も、真面目な演技なのに、コメディー感が出てすごくいいのです。

これを、天海祐希とか、真矢みきとかが演じていたら、、、
リアル過ぎて、私はこのドラマをこんなに楽しく見ていられないかもしれません。

 

白洲美加の話

イモトアヤコ演じる、白洲美加(しらすみか)
営業成績は最下位。
仕事にやる気はない。
でも危機感ゼロ。
上司からしたら、最悪な部下です。

でも、このどうしようもない白洲美加、過去の自分にダブって見えてしょうがないのです。

物件の魅力を5分で語れ

「小さなマンションだけど、エレベーターはあった」

 

三軒家チーフに言われて、白洲美加が上げた物件の魅力はこれだけでした。。

 

なぜ、白洲は語れない?

物件に魅力を感じなかったから。

悪いところばかり目に着いてしまったのです。

 

細い道なのに、車の通りが意外にあって危険

マンションの隣に墓地があったり、部屋にヤモリが出た

 

弱みを強みに変えることが出来る三軒家

・細い道なのに、車の通りが意外にあって危険
→夜の1人歩きが怖い女性にとって、交通量が多いことはプラス

・マンションの隣が墓地
→高い建物が立つことがない、つまり、いつまでも日当たりがいい

・部屋にヤモリが出た
→ヤモリは害虫を食べるから、昔から家の守り神として親しまれてきた

 

三軒家チーフにかかれば、全てのことは、強みに変えることが出来るのです!!

 

三軒家チーフは、白洲美加に言います。

あなたは物事の一面しか見ていない!!

 

チラシを途中で捨てた白洲の心に、ぐさりと響きます。。

 

足立王子、さすがです!

千葉雄大演じる、足立聡。
課内のエースで、あだ名は王子。
足立王子の軽い感じが1話ではすごく嫌でしたが、2話では、足立王子がなぜエースなのか、が少しわかりました。

物件を見に行っていた、白洲美加はいびきをかいて寝てました(おい、こら、白洲!!)

様子を見に来た足立王子は、白洲にわかりやすく教えてくれます。

 

・犬に入り口で吠えられた
→犬のおかげで、下着泥棒がいなくなった

 

・西向きに部屋
→夕日がキレイ
→午後から陽が当たるから、休みに日もゆっくり寝てられる
→朝はクーラーなくても涼しい

 

・チラシの写真=お見合い写真と一緒
→これを見て、会いに行くかどうかを決める
→だから、一番いい写真を心を込めて撮ってあげないといけない

 

はー、なるほど!!
足立王子、さすがです!!

 

足立王子の助け舟のおかげもあり、白洲美加は、前よりもたくさんの物件の魅力を語れるようになりました。

 

しかし、お客さんの前で語れない、、、

実際に、お客さんに、この物件の魅力を聞かれた白洲美加は、

  • 西日です!
  • 墓地です!
  • ヤモリもいます!

これしか言えませんでした。

肝心のお客さんの前で語れませんでした。
白洲美加は号泣します。
もう会社辞める、と言い出します。

 

何事も練習だよ、白洲美加。
泣いてたってしょうがない。

頑張れ、白洲美加!!
第3話へ

⇒ドラマ「家売るオンナ」第3話。捨てられない女をありのまま愛す方法?

 

⇒ドラマ「家売るオンナ」まとめ記事はこちら

 

DVDの購入はこちら
↓↓





自信がない・・
不安がいっぱい・・
そんなあなただからこそ夢が叶う♪
期間限定!!
やりたいことが見つかってお仕事に出来る!
▼3つの秘密の動画をプレゼント中~(無料)



▼美味しいレシピで夢を叶えるならこちら(有料)



こちらも合わせてどうぞ