ブログのアクセスが増えない理由はやっぱりキーワード!セミナーで学んだことをお伝えします♪

こんにちは♪
はるです。

先週は竹川さんの未来型交流会&セミナーに参加しました。
今回のテーマは「キーワード」です。
キーワードは、ブログでも、動画でも、本当に大事です。
私は未だに苦手意識が、、、
なので、今回はもう何が何でも吸収しようと意気込んで参加しました。
今回勉強したことの一部をアウトプットしていきます。


スポンサーリンク

キーワードはなぜ大事?

こつこつブログを書いても、PV数が100にいかない。。
真面目に作業しているのに、どうして、、、涙。
記事は100記事以上あるのに、全然アクセスがない、、、

 

あなたは、今このような状況ですか?

これは、あなたに才能がないとか、センスがないとか、そういう問題ではないんです。

  • キーワードが入っていない。
  • キーワードは入れているけど、ライバル多すぎてアクセスがこない。

このどちらかなんです。

 

そもそも、キーワードとは

「キーワード」はお客さんが検索する言葉です。

自分ではなくて、「お客さんが」、です。
なぜ、お客さんは検索するのか。

  • 悩みを解決したい
  • 興味・関心があることを知りたい

つまり、

知りたい!!!!!

という欲求があります。

その知りたいことに対する答えが、記事にあることを求めます。

知らない人が検索する言葉⇒キーワード
知らない人に伝える⇒ブログ記事、動画

 

知らない人が検索する言葉ってどんなキーワードだろう。
これを考えることが大事です。

 

自分が検索する時ってどんな時?

来週、友達と池袋でランチするけど、どこか美味しいお店ないかな?

今、テレビでやってた、スーパーフードってなんだろう?

チーズケーキを作りたいけど、ちょっと変わった作り方ないかな?

 

こんな感じで、疑問に思ったことを気軽に検索しますよね?
スマホでポチポチっと。

 

困っていること、悩んでいることを解決したい。
興味関心があることをもっと深く知りたい。

知りたい!!!!!のです。

その時にあなたが検索する言葉が「キーワード」です。

 

「all in title」と「in title」

キーワードを調べる時に、「all in title」と「in title」を調べます。
ざっくり簡単に言うと、
「all in title」は、記事タイトルとキーワードが完全一致している数
「in title」は、記事内、タイトル、どこかしらにキーワードが入っている数

複合3語のキーワードで、
「all in title」が少なくて、「in title」が多いものを選ぶとよい、と言われます。
出来れば、「all in title」が10以下のものを選ぶとよい、と、、

 

ここで、実は落とし穴が!
「all in title」が10以下、ここにこだわって、必死に探してしまう方がいらっしゃいます。
これは、あくまでも目安なんです。
「all in title」が10以下で、「in title」が多いものを見つけたらラッキー♪その位の気持ちで探してくださいね。

見つからなくて、記事が書けない、、、
とかは、とかは本末転倒になってしまいます。
あくまでも、目安。

「all in title」が1000以上あるようなビッグキーワードでも、検索のトップページにあなたのブログがくることもあるんですよ。驚!!

 

ミックスキーワードって?

じゃあ、どうやって、ビッグキーワードでも上位表示させることができるのか。

「チーズケーキを作りたいけど、ちょっと変わった作り方ないかな?」

この人がどんな検索をするだろう、と考えてみます。

チーズケーキ 簡単 作り方  in 62500 all 1650

チーズケーキ 簡単 レシピ  in 187000 all 31000

 

お料理の作り方記事には、「作り方」「レシピ」、どちらかを必ず入れるといいです!
なぜなら、お客さんは、「作り方」「レシピ」を探しているからです。

でも、これだけでは、ライバルが多すぎて、もう大変です!!
ここに、他にもいろいろなキーワードを調べて、タイトルに入れられそうな言葉を探します。

 

チーズケーキ 作り方 人気  in 196000 all 412

チーズケーキ 野菜  in 56400 all 1060

チーズケーキ 人参   in 12300  all 141

人参 チーズケーキ レシピ  in 6900 all 9

子供 野菜嫌い  in 22900 all 2550

 

ちょっと変わったチーズケーキ、だと、野菜入りとかどうだろう。
人参入れたら、どんな味になるだろう。
人参入れたら、野菜嫌いな子供でも食べられるかも。
こんな感じで、キーワードを調べます。

自分がこの記事なら書けそう!
美味しそう!作りたい!!
そんな風に思うキーワードがいいですね♪

 

 

「野菜嫌いの子供にも人気!人参入りの簡単チーズケーキの作り方♪」

 

チーズケーキ 簡単 作り方 では、なかなかトップページにくることは難しいかもしれません。

でも、
チーズケーキ 野菜 で検索されるかも?
チーズケーキ 人参 で検索されるかも?
野菜嫌い 子供  で検索されるかも?

こんな感じで、他のキーワードから、じわじわとアクセスがきます。
最終的に「チーズケーキ 作り方」でトップページにくることも、不可能ではないのです。

なので、「all in title」の数にこだわらず、いろいろな言葉をミックスさせてみるといいのですね。

 

これは、もちろん、記事の内容もお客さんの期待に応える内容であることが前提です。
お子さんがいる方は、お子さんが食べた時の感想を書くと、よりリアルな情報になりますね♪
お子さんいない方も、お友達のお子さんに食べてもらって感想聞く、とか工夫は出来ます。

そして、「不味い」という感想でもありですよ。
むしろ、「不味い」という感想はよりリアルで面白いです。

「子供に不評!パパは絶賛?人参入り簡単チーズケーキの作り方♪」

 

まとめ

今回のセミナーでキーワードについて学んだことは、まだまだたくさんあります。
キーワードは奥が深いです。
すぐに出来るものではないです。
でも、ブログにアクセスきてほしいと願うのであれば、やっぱり「キーワード」は重要です。

だから、毎日調べて、実践あるのみですね!

お客さんの検索する言葉を調べて、
お客さんの期待に応える記事を書く。

少しずつコツコツと力をつけていきましょう。





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ