日本のここがキライ・・・。自己受容が低い原因、その悪習を断ち切る!

こんにちは♪
あなたのやりたいを見つけるコーディネーターはるです。

私は日本のことがとても好きです!

和の心とか
和を大事にするところとか
謙虚さとか
お互いを想いやる心とか
昔のものを大事にするところとか
伝統を大事に継承していくところとか
新しいものも受け入れる心とか

でも、日本のここが嫌い、というところがあります。

それは、「謙虚過ぎるところ」

自分のこともそうですが
自分の身内のことを低く見積もる、というところがあります。
そのことについてお伝えいたします。


スポンサーリンク

謙虚すぎるってツライ・・・

謙虚さはいいのですが、
身内に対して厳しいので
身内に厳しい親に育てられた子どもは
どうしても自己受容感が低くなってしまうのです。

私は、両親のことが好きですし、とても尊敬しています。
とてもいい家庭で育ってきたなと思っています。
ものすごく裕福ではないけれど、
父の仕事が大変なこともありましたが
ものすごく不自由な想いはしなかったですし
学校にも行かせてもらえました。

それなのに・・・

自分が大事に育てられたこともわかってはいるのに・・・
私は自己評価がものすごく低い子どもでした。
それは、大人になってからも、ずっと続きました。
自己評価がものすごく低いのです。
自分はなにをしてもダメな人間だ、という思い込みがずっとあったのです。

なぜ、ここまで自己評価が低かったのか

私は、褒められたかったのだな、とある時気がつきました。

もっともっと、褒められたかったのです。

よく頑張ったね!
ここがすごいよ!
とっても可愛い!
自慢の娘だ!
生まれてきてくれてありがとう!

こういう言葉が欲しかったのです。

言葉でも、態度でも。
心の中には、いつも6歳くらいの自分がいて、愛情を求めているのです。

両親に認めてもらいたいのですよね。
自分が役に立つ存在なのだと認めてもらいたいのですよね。

でも、実際には

「なんでお前は、出来ないんだ!」

と、怒られることが多かったのです。
(子どもだから、出来ないこと多くて当たり前ですね)

更には、友達のお母さんとの会話や
親戚の人たちとの会話で

「うちの子はほんとに出来なくてすみません」

「うちの子はほんとに何の役にも立たなくて」

こんな風によく言うのです。

だから、自分は本当にダメな娘だし、
全然親の望むような人生を送れなかったですし
生きる価値もない
こんな自分は本当にどうしようもない

と、どんどん自分を責めるようになってしまっていたのでした。

謙遜は美徳だけれど

謙遜するのはいいのですが
私のようなまじめな子は、言葉をそのまま受け取ってしまうのです。

でも、本当は、自分の子どもが一番かわいいのであれば
「うちの子は本当に可愛くて!!」で良いですよね。

学校の担任の先生も、
うちのクラスは本当にダメ!!と

他のクラスの前で、わざわざ厳しい顔をしてダメ出ししたりするのですよね。
2組さんを見習いなさい!みたいな。
あれも謎の言動。

私は自分のお客さん、本当にすごい!と思っているので
どんどん褒めていきますし
どんどん自慢していきます!

竹川さんもよく、ご自分のコンサルパートナーさんを褒めますが
(もちろん、はるのことも褒めてくださいます)
親バカかなーっておっしゃっていたことがありますが
私も、今は教える立場なので、お気持ちがよくわかります。

親バカがいいですよね!!
だって自慢ですから。
自分の教え子のこと、謙遜して、全然ダメって言うなんて、バカですよね!

でも、負の連鎖が続く・・・

負の連鎖って続いてしまうのです。

自分が教えられた通りに、教えてしまうことがあります。

会社でも、怒って育てる上司の元にいると、
その人も、同じように新人を怒って育てていたりします。
イヤな部分を知らない内に継承してしまっているのです。

ある会社では、部下がちょっとでもミスをすると、とことん相手を打ちのめす、という上司がいました。
それまでの苦労を労うという気遣いはなく、ほんの一部分のミスを見つけて、徹底的に追い詰めるのです。
そうすると、その人も、人に教える時に、同じように教えるようになっていました。
その会社の人たちの顔は、無表情で、ひたすらノルマに怯えながら死にそうになって働く人たちでした。
幸せな働き方ではないですね。

だから、意識して、負の連鎖は断ち切っていいのです。
私たちの代で終わらせてしまっていいのです。

うちの両親は、愛情を伝えるのが下手くそだったんだろうな、ということが今はわかります。
私も、愛情を伝えるのは下手だからです。
そして、愛情を受け取るのも下手だったのです。

だからこそ、謙虚過ぎずにいきましょう!!

自慢していきましょう!
あなたの大好きな人を!
そして、愛情を受け取っていきましょう!

今日も長々とお読みくださりまして、ありがとうございます♪

次回は、
怒るのも、ほめるのも、〇〇があることが大事

についてお届けしますね

褒められて伸びるタイプが成長出来るために必要なのは〇〇関係だった!





自信がないからこそ夢が叶う方法知りたいですか?
▼3つの秘密の動画で暴露してます・・・(無料)
border=0
人生は今からやり直せます!



1月31日まで限定!
▼お年玉プレゼントはこちらから
border=0
ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ