ナチュラルな感覚のオシャレ感を磨こう♪居心地のいいカフェのように

ナチュラルな感覚のオシャレ感を磨こう♪居心地のいいカフェのように

こんにちは♪
はるです。

引き寄せについて考えています。
自分が望んでいない逆引き寄せをしてしまったことをきっかけに、本音について、考え始めました。
本音と建前の区別がわからなくなってきてしまったのです。
⇒前回のお話はこちらからどうぞ。

オシャレ感を出したい、地味は嫌だー、
そんな心の声が出てしまったのでした。


スポンサーリンク

ブログは自己満足ではなくて、読者さんのため

「ブログは自己満足ではなくて、読者(地味でふわっと生きている自分を認めてくれているって人)のためです。
だから地味な感じのふわっとでいいんじゃないのかなって思いますよ。
おしゃれ感満載ならオシャレ感満載大好きな人が来ますが、はるさんと同じようなふわっとを受け入れてもらいたいそんな人がこないわけです。
来たとしても伝わらないので直帰します。それがもったいないんですよね。

そうではなくて、オシャレ感あってそういう人が良いならオシャレ感満載を目指すべきです。」

竹川さんからのメールに、ハッとしました。

そうでした。
自己満足になるところでした。

読者さんのためでした。
地味でふわっと生きている自分を認めてくれている人

「地味な感じのふわっとさ」

このままいくと、わたしは、自分と同じような地味な人を許せなくなってしまいますね。
武田早雲さんの自愛の話を思い出しました。
⇒武田早雲さんのお話はこちらからどうぞ

地味な自分が嫌い。
⇒自分と同じような地味な人も許せない。
そんなことになってしまいます。
大変です。。

更に、私にキラキラ感を求められても困ります。。

ちぐはぐなことがおこって、誰にも響きませんね。
中途半端なことになります。
少し冷静になってきました。

 

それでも、オシャレ感を出したい

「地味な感じのふわっとさ」

どうしても納得がいきません。
やっぱりオシャレ感は出したいのです。

そして、私が送ったメール。

「なんでしょう。
でも、オシャレ感は出したい。
そのオシャレ感は、キラキラしたゴージャスなものではなくて、ナチュラルなものです。

カフェでいうと、
ガチャガチャ派手な内装とかパフォーマンスするカフェじゃなくて、

木のぬくもり感じるような、手作り感満載で、ぬくもり、温かみを感じる、オシャレ感です。

そういうオシャレな感じを目指したいです。」

 

竹川さんにメールを書きながら、自分で答えを出していました。

私が求めるオシャレ感。

何も、キラキラと光り輝くような、ハイセンスなものではないのです。
もっと、ナチュラルなもの。
そういうことに気が付きました。

 

素朴の中にこそ美がある

「ナチュラルな感覚のおしゃれ感を磨くですね。
そうすれば地味こそ輝きます。
手作り感溢れる暖かなブログですね。」

「素朴の中にこそ美です。
この感覚が本来の日本なわけです。」

「この感覚を潜めている人、この感覚がいけないんじゃないかって思ってしまっている人が現代では悩んでいるんですよね。
だからこそ、はるさんがふわっとでいいんだよって伝えていくことで、ふわっとな和が生まれるわけです。」

 

そうなんです!!そうなんです!!
ナチュラルな感覚のオシャレ感を磨きたいんです。

竹川さんからのメールにテンションがあがりまくりです!!

 

地味でいい、のはなんか違うんです。

素朴の中の美、素敵です。
日本的なオシャレって、そういうところにありますね。

「木のぬくもりを感じるような、手作り感満載で、ぬくもり、温かみを感じるオシャレ感。」

私が好きな、居心地の良いカフェ、長居したくなるカフェです。

ブログでも、居心地が良くて、ここにずっといてもいい、みたいな安心感があって、ぬくもり感じるような雰囲気の、オシャレ感です。

 

IMG_1391

 

それは、まさに私が求めるふわっと感、そのもの。
明治神宮に行った日にランチしたカフェのような、居心地の良さ。

 

オシャレ感の方向性が見えてきました。
竹川さん、ありがとうございました!!

 

 

自分が納得いかない時に何かある?

竹川さんとのメールのやりとりのおかげで、自分の目指すオシャレ感がわかりました。

いやー、たまに起こすのですよ。
なんなんですかね。
こういうもう、私、わかりません!!
納得いきません。
号泣!!みたいな、、、、、
自分でも、激しいなーと思いますが。。。

竹川さんとえみさんアドバイスにどうしても納得がいかない、そんな時は何かある、って少しわかってきました。
前回のふわっと感を見つけた時もそうでした。
⇒ふわっと感見つけた時はこちら
どうにも納得がいかないのです。
腑に落ちないのです。

地味でいい、なんか違う。

地味でいい、地味を磨くと内面が輝く。
とても嬉しいことなのですが、納得がいかないのです。

地味でいいはずがない、そう思います。
地味が嫌なんです。
地味がコンプレックスだから。
地味さが大っ嫌いだから。

 

納得いかないまま、地味でいいんですよ、なんて、読者さんに伝えられません。
私自信が腑に落ちていないんです。
読者さんに響くはずがないのです。

 

地味な人間だって、オシャレしていいのです

でも、それを外に求めてキラキラしたものになるのも違う。
それもわかります。
でもじゃあ、地味な人間はオシャレさを求めてはいけないのか。
そんなはずはないんです。
女子はみんなオシャレが好きです。
可愛いものが好きです。
地味な人間だって、オシャレして良いんですよ。

ただ、無理してギャル服着なくたっていい。
無理して流行の服を着なくたっていい。
雑誌に載ってるモデルの服をマネしなくっていい。
だからと言って、いつもモノトーンの服ばかり着るのも違う。
私は地味だからと、いつも、白、黒、グレーばかり。
心がワクワクしません。

あなたが好きな色で、あなたが着たい服を着て良いんです。
たまには、可愛い花柄ワンピ着たっていいじゃん!!
ピンクが好きならピンクの服着てみようよ。

何も、冒険しようって言ってるんじゃないんです。
私には、似合わないかも。
私には、こんな可愛い服は着れない。
もう歳だから、スカートなんてやめときます。

そんな風にあきらめないで欲しいんです。
本当は可愛い服、たまには着てみたいですよね。
無理して、ミニスカート穿けって言っているわけではないんです。
私もミニスカートは嫌です、笑
あなたに似合う、オシャレがあるはずなんです。
そんな風にいろいろ試して、オシャレを磨いていきましょうよ。

派手になる必要はないんです。
でも、地味って言葉は嫌です→しつこいw
確かに地味かもしれない。
でも、そこにあなたらしさがプラスされると、それはもうオシャレなのです。
オリジナルです。
ナチュラルなオシャレなのです。

洋服もそう、ブログもそう、動画もそう。
あきらめないで、いろいろ試してもらいたい。
そうしたら、自然にあなたの内面が輝きだすのです。
そう思ったら、わくわくしてきませんか?

続く。
⇒つづきはこちらからどうぞ





自信がない・・
不安がいっぱい・・
そんなあなただからこそ夢が叶う♪
期間限定!!
やりたいことが見つかってお仕事に出来る!
▼3つの秘密の動画をプレゼント中~(無料)



▼美味しいレシピで夢を叶えるならこちら(有料)



こちらも合わせてどうぞ