言葉が降りてくる瞬間とは?泣きながら書く文章こそ真実でした!

言葉が降りてくる瞬間とは?泣きながら書く文章こそ真実でした!

こんにちは♪
はるです。

テーマ、理念、について、考えてみてます。
先日竹川さんの勉強会に参加させて頂きまして、その時に滝沢さんとお話させて頂いたんです。
はるが何で悩んでいたのか、何でもやもやしていたのかが滝沢さんのおかげでわかりました。
⇒詳しくはこちらからどうぞ

そして、はるの理念「ふわっと感」を言語化しよう!ということを教えて頂いたのです。
今回はその「ふわっと感」という言葉が降りてきた時のことをお話してみたいと思います。


スポンサーリンク

「ふわっと感」に気づいた瞬間に、何があった?

滝沢さんは、「ふわっと感」に気づいた瞬間、何かがあったはずだとおっしゃいます。
「ふわっと感」は、はるの理念です。
抽象度で言うと、一番上です。
⇒抽象度については、こちらを参考にしてみて下さい

だいたいの人は、抽象度の低いところから抽象度を上げていくことが多いそうなんです。
抽象度の高い言葉を見つけようと思っても、なかなか見つけられるものではないんです。
降ってくる感じです。
パーンとなった瞬間があったはずなんです。

そこを自分で紐解いていかないとなりません。
そうしないと、ふわっと感を人に伝えられません。

はるは、これから、「ふわっと感」を広めていくのです。
「ふわっと感」の教育をしていく立場の人間になったのです!?

なので、なぜ、自分の理念が「ふわっと感」だと気づいたのか、その瞬間を振り返ります。

 

きっかけはテレビ出演??

2015年10月のある日、突然テレビ出演のオファーがありました。
料理ブログを見て下さった番組ADさんから連絡があったのです。

スタバマニアとして、テレビに出ました。。
それも全国放送でした。
もう緊張して、思うようになんて全然しゃべれませんでした。

はるは、カフェが好きで、ブログにもいろいろなカフェに行ったレビューを書いていました。
その中に、スタバについても書いていたのです。

 

しかし、はるは、スタバはもちろん好きですが、マニアといえるほどのレベルではありません。
周りの友達の方が、よっぽどスタバマニアに見えます。
こんな自分がテレビに出ていいのだろうか。
物凄く複雑でした。
しかも、人前に出るのも苦手、しゃべるのも苦手、普段ひきこもっている人間が、突然テレビって、、
びびって当然だと思いますよね。

 

テレビのオンエアを見た友達の感想が意外でした!

  • スタバマニアだったとは知らなかった
  • かっこよかった!
  • いつのまにか、すごい人になってた!
  • 店員さんより早く答えられるなんて、さすがマニアだね!
  • あれだけ知識があったら、またオファーあるんじゃない?
  • 次は「マツコの知らない世界」あたり、出て欲しい!!

びっくりしました。
マニア、として、皆の目に映っていたんです。
マニア、として、すごい!!と思ってくれていたんです。

 

自分はマニアなのか??

テレビに出た今だからこそ、スタバマニアとしてブログ記事を書けば、アクセス増えるチャンスです。
しかし、自分はマニアなのだろうか、と悩み始めます。

確かにスタバは好きです。
でも、これからも、マニア、として記事を書かないとならないのだろうか。
どうにも違和感があるのです。

自分の中ではたいしたことない話でも、知らない人からしたら、物凄いお得情報、そういうことはよくあります。
別に、誰も知らないようなマニアネタを毎回書く必要はないのです。
そこも、わかってはいるのです。
でも、なんだか違和感があるのです。
どうにも筆が進みません。

 

一貫性がないことに悩む

はるは、カフェが好きです。
スタバも好き、タリーズも好き、ドトールも好き。
個人のカフェも好き。
オシャレカフェ巡りが好き。

どちらかというと、今まで、個人のカフェを中心に記事を書いていました。
個人のカフェの魅力だったり、個人のカフェを応援したい思いだったりを書いてました。

それなのに、スタバ大好き、とか突然言い出す自分って、一貫性がないのでは??

そんな風に悩み始めました。

ちょうどその頃受けた、竹川さんのセミナーにて、「一貫性が大事」というお話があったのです。
尚更悩みました。

 

えみさんからのメッセージ

そんな中、竹川さんのコンサル生で、めっちゃすごい実績出していらっしゃる、えみさんからのメッセージを竹川さん経由で頂いたんです。

  • スタバ大好きはもう遠慮なくブログで出した方が良い
  • はるさんが一番こだわっている楽しいスタバを深く、オタク次元でもいいから語っていくべき
  • 自分のライフスタイルも。

 

こんな感じの内容でした。
ありがたかったです。
尊敬する、えみさんからのメッセージです♪

でも、だからこそ、深く刺さります。
物凄く刺さって、心が抵抗しました。

 

私には、1番のこだわりなんてない。
オタクじゃない。
マニアじゃない。
深いことなんてない。
語れることなんてない。
自慢できるライフスタイルなんてない。

。。

。。。

泣きました。。。。。

 

泣きながら、竹川さんに夜中の3時にメールをする、、、

271777

「マニアとかオタクとかイヤなんです。
ちょっと詳しいくらいの方がいいんです。
最終的にマニアになるのかもしれませんが。
マニアック過ぎるのは、ちょっと違います。
ふわっとしていたいんです。
うまく言えませんが、笑

あくまでも、オシャレ感を楽しむ感じです。」

 

こんな感じの文章を夜中の3時に泣きながら竹川さんにメールしました。
実際は、もっとその前後に長文のメールを送っております。。
今見て、自分で、ドン引きですが、、、

ここで、突然のふわっとしていたい発言が飛び出したんです。

マニア、オタクと言われることに対する心の抵抗でした。

 

次の日に冷静になって、自分の文章を見てみました

「ふわっとしていたい」
昨夜思ったこの謎のフレーズ。
自分らしさなのでは?と思いました。

 

何事も、ふわっと好き。
スタバも好き、タリーズも好き、個人のカフェも好き。
どこがって、ふわっと好き。
お菓子作りもふわっと好き。
どれもふわっと好き。

 

「あくまでもおしゃれ感を楽しむ」
これはライフスタイルなのでは?と思いました。

 

スタバで1人コーヒー飲みながら勉強している自分カッコいい♪
スタバで自分オリジナルのカスタムしちゃった♪そんな私オシャレ~みたいな。

あとは、
一人で行くならチェーン店が落ち着く。
友達と行くならオシャレカフェに行って、違う空気吸いたい。

そんな素直な気持ちも出てきました。
それを竹川さんにメールしてみました。

 

竹川さんからのメールが意外でした!!

 

「ふわっとしていたい」

これって、はるさんのブランドになる、価値ある魅力ある言葉。

一貫性ってそういうことなんですよ。
ロジックではなくて、ふわっとなら、ふわっとだから好き。

好きがいっぱいあるなら、それを過去の自分に向けて。
それがあなたなんだから、いいんだよ、って伝えていってください。

 

こんな感じのメッセージでした。
意外でした。
何が意外って??

「ふわっとしていたい」

こんな曖昧な言葉では誰にも伝わらないと、大抵ぶった切られるところだからです。

何が言いたいのか全然伝わらない。
こんな風にある方に言われたことあります。
なんだよ、ふわっとしていたい、って!!
そう言われてもおかしくない表現なのです。
意味がわかりませんよね。
曖昧過ぎて。

それを
「自分のブランドになる価値ある魅力ある言葉」
そんな風に扱ってくださったのです。

 

自分のダメな部分だと思っていた

ふわっとしていたい
ふわっと好き

ふわっとしている自分
これは、自分のダメな部分だと思っていたんです。
こんな自分から、変わらないといけないと思っていたんです。
だけど変われなくて苦しんでいた部分なのです。

 

それを、
「自分のブランドになる価値ある魅力ある言葉」

そう表現してくださったのです。
嬉しくて涙が出ました。

ダメな自分から変わらないと!!
そう思って今まで、自己啓発本を買ってみたりして、変われる方法を探していました。
いわゆるコンフォートゾーンの外に出る方法です。
でも、そんなに簡単に変われません。
変われない自分をダメな人間だと思っていました。

でも、竹川さんは、内面を磨く、ということをよくおっしゃいます。
外に出るのではなく、自分の内面を磨くのです。
もともと持っているダイヤの原石を磨くと、輝いてくる、そうおっしゃいます。

でも意味が分からなかったのです。
どうやって、内面を磨くのだろうかと。
どうやったら、輝くのだろうかと。

この時、少しだけわかりました。

「ふわっとしていたい」
これは、今まで自分の欠点だと思っていたところ。
変わらないといけないと思っていたところ。

だけど、これは自分の魅力だった。
自分らしさだった。
今まで気づかないでいた、自分らしさを表現するのにぴったりな言葉だったのです。

 

泣きながら書く文章こそ真実

ふわっとしていたい

この言葉は、突然降ってきました。
でも、今まで自分で使ってはいました。
気づかなかったのです。
この言葉の重要性に。

 

泣きながら書く文章こそ真実ですよ。
その気持こそ、はるさんの心の一貫性です。
思いです。

 

竹川さんから、こんなメッセージを頂きました。
泣きながら書く文章こそ真実ですか。
泣きながらだったからこそ、言葉が降りてきたのかもしれません。
そして、ずっと一貫性がない自分に悩んでいました。
ふわっとしていたい。
その思いは一貫して自分の中にあるのです。

 

こうして、「ふわっと感」が自分の中の理念なんだとわかったのです。

ですが今度は、「ふわっと感」を言葉で説明できないので、自分の中のふわっと感を伝えられないことに悩みます。
そんな時に滝沢さんに出会い、言語化することを教えて頂いたのです。
続く。
⇒続きはこちらからどうぞ

 





自信がない・・
不安がいっぱい・・
そんなあなただからこそ夢が叶う♪
期間限定!!
やりたいことが見つかってお仕事に出来る!
▼3つの秘密の動画をプレゼント中~(無料)



▼美味しいレシピで夢を叶えるならこちら(有料)



こちらも合わせてどうぞ