ハンドルネームがありふれた名前でも残念にならない理由とは?

ハンドルネームがありふれた名前でも残念にならない理由とは?

こんにちは♪
はるです。

ハンドルネームを決める際に、残念な名前にならないために注意することを前回お伝えしました。

①漢字が読めない
②ひたすら長い
③なんて読むのかわからない英字・ローマ字
④ありふれたもの

こちらの4つを注意してください。
詳しくはこちらから

でも私の、はる、という名前は、ハンドルネームです。

ハンドルネームとしては、残念、、、な名前です。
④のありふれた名前だからです。

でも、実は、残念にはならない理由があります。
こちらをお伝えいたします。


スポンサーリンク

なぜ、はる、という名前にしたのか

はる、という名前には、私は思い入れがあります。

なぜ、はる、という名前にしたのかを話すと長くなるので割愛しますが、、、

中学生時代の私の妄想から生まれたもう一人の私でなんです。
20代から使っているハンドルネームです。

はるでいることが、私は私らしくいられるのです。
なので、私にとっては大事な名前です。

 

はると呼んでもらえない葛藤

それでも、

このブログを書き始めた時、
私は、自分のことを、

師匠の竹川さんや、
コンサルお仲間には、
はると呼んでください、とは言えませんでした。

だから、半年くらい、ずっと、苗字で呼ばれていたのでした。

 

お仲間たちは、
みんな、下の名前で呼ばれているのです。
堂々と、〇〇と呼んでください、と言っているのを聞いて、すごい、、、!と思いました。

でも、私は、なかなか恥ずかしくって
自分からは言えなくて
もじもじしていたのです。

 

はると呼んでもらえた!

そして、半年ほど経った頃、
お仲間の一人が、はるさん、って呼んでくれたのです。

なんか、間違えて呼んでしまったらしいのですが。。

でも、私はとってもとっても嬉しくって!

だから、思い切ってメールをして、
「嬉しかったです!!」と言ってみたんです。

そしたら
「え?嬉しかったのですか?!」
と驚かれました。

 

そりゃそうですよね。
相手からしたら、はると呼んでいいのかどうなのかがわからないのです。
いきなり下の名前で呼んだら、

馴れ馴れしいとか
失礼な人だなとか

思われてしまうのではないか、といろいろ考えてしまって、呼ぶことが出来ません。

そうか、自分から、こう呼んでくださいと言っていいんだ!!ということを知ったのです。

 

それからは、はる、と呼んでください、と言えるようになりました。
そのおかげで、お仲間にも、お客さんにも、はるさん、と呼んでもらえるようになって、私のことを覚えて頂けるようになったのです!!

 

ありふれた名前でもいい理由

なので、話が長くなりましたが、

ハンドルネームを決める時に
ありふれた名前だからダメというわけではなくて
ありふれた名前でもいいんです!

「あなたが呼ばれて嬉しい名前にするのが一番いい」と私は思います。

お名前決まったら、私に教えてくださいね。

私のことは、もちろん、はると呼んで頂けたら嬉しいです♪





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ