*

引き寄せ体験談♪自分の感を信じた、私の常識外れの行動とは?

      2017/01/24

こんにちは♪
はるです。

滝沢さんのおかげで、私の中のもやもや「ふわっと感」が何だったのかがわかったんです。
もう、それからは、自分探しに夢中です。
今日は、当日の裏話的なところをお伝えします。

勉強会は2部構成でした

その日の竹川さんの勉強会は2部構成でした。
1部はカフェにて。
集まった順番に、竹川さんに質問をしたり、皆で一つのことについて話たり、かなり自由な感じでした。
最終的には4人集まりました。

私は、1番に着いたので、竹川さんに自由に質問できます!
ラッキーです♪
いろいろ質問しましたが、話題の中心はやはり、ふわっと感です。
まだ、ふわっと感を解明できていないので、もうずっともやもやしているのです。

竹川さんが、「こんな感じで、ふわっとした想いを伝えたらいいんじゃないですか??」
いくつも例を出してくださるのです。
でも、自分がもやもやし過ぎて、全くしっくりきません。

竹川さんがおっしゃりたいことは、わかる。
でも、それって結局何なんだろう?

ずっと首をかしげてばかりです。
何を言ってもらっても、「うーん、、、」
全くもって、やる気のない人間のような感じです。

 

その後は皆さん集まってきたので、全然違う話をしていました。
それはそれで、とても楽しかったです。
皆さんのお話はバラエティに富んでいて、知識も豊富ですごいんです!

でも、私の頭の中は、
「結局、ふわっと感って、なんなんだろう」
「明日からのブログをどうやって書いたらいいのだろう」
一向に、もやもやが収まりません。

 

滝沢さんってどなたですか??一言聞けばよいのですが。

勉強会の2部は、カレー屋さんでした。
滝沢さん、という方がいらっしゃると、竹川さんの案内メールに書いてありました。

どなたなんだろう??

なんとなくわかるのは、きっとすごい人、ということ。
前にえみさんのブログでお名前を見かけたことがあるような気がするのです。

「滝沢さんって、どなたなんですか??」

竹川さんにメールをして、聞いてみればいいのですが。
なぜか、聞けません。

きっとすごい人がくる。
ビビりの私は、滝沢さんがどんな方か聞いたら、怖くなって「カレー屋さん行きません」とか言い出しそうです。
どんな方なのか知って、ブログだったりを見たら、質問しないとなりません。

なんで、目の前にすごい人がいるのに、もっと積極的に話に行かないんだ!!ってよく怒られます。
自分から、アピールしないと!って。
だからダメなんだって。

よく怒られたのは、ディスカバリーでの懇親会とかです。
結構トラウマです。。

 

なので、私は、滝沢さん情報を一切入れない、という選択をしました。

 

普通なら怒られることしてます。。

出ました、、、
私がたまにやらかす不思議な行動。

常識的に考えて、怒られることしてますよ。

先生のお友達がいらっしゃる、と聞いているのに、
その方がどんな方なのか聞くことをやめたんです。
リサーチも一切しません。
ありえませんよね。

でも、もうこうしないとダメな気がしたんです。
何も知らない状態の方がいい気がしたんです。
勘です。
なんの根拠もない勘です。

 

なぜか、目の前に滝沢さんが座る、どうする??

さあ、カレー屋さんに着きました。
先に適当に席に座ります。
そして、滝沢さんがいらっしゃいました!
なんと、私の目の前に座ります!!

さあ、どうする?!

内心ドギマギ状態です。

 

1時間は黙ってみんなの話を聞いていました

最初の1時間くらいは黙って皆の話を聞いてました。
一体、滝沢さんって何者なんだろう??
私は全く知らないので、もちろん質問出来ません。
自己紹介すら、あやふやな感じにしちゃいました。

皆は、こんなことやってます、ってちゃんとお話してるのに、、
私、今何やってるんだっけ??状態でした。
「ふわっと感」で、もやもや悩み過ぎて、何やってる人だかわからなくなってたんです。
はい、重症です。

 

でも、しんさんはさすがです!
次々と滝沢さんに質問してます。
他のコンサル生の方々も質問したり答えたりしてます。

私はその間ずっと、聞いてました。
なんとなく、滝沢さんがどんな感じの方なのかが、伝わります。
そろそろ、質問の一つもしないと、ちょっとまずいような。
せっかく目の前に座っているのに、なんで何も話さないんだって怒られるかな??
ドキドキ。

 

1つの質問をきっかけに、滝沢さんの熱いトークが始まる

「お客さんって男性が多いんですか??」

こんな質問をしてみました。
素朴な質問です。
のん気な質問です。
1時間考えてようやく思いついたのが、この質問です。。

しかし、この質問をきっかけに、なぜか、滝沢さんと私の2人だけのトークになりました。

ホントに不思議な感覚でした。
それまでは皆で話していたのです。
それが、いきなり、他の4人の方々は別の話を始めていました。

滝沢さんと2人の世界に入っていました。
それは突然でもありますが、自然な感じでもありました。

そして、それから滝沢さんの熱いトークが始まります。
なんと、ふわっと感が解明できそうなお話を始めて下さったのです。
なので、私もこれはチャンスとばかりに、「ふわっと感」の悩み相談をしました。
なんの計算も、なんの策略もなかったのですが、ホントに不思議なくらい、自然にお話してました。
人見知りなんて、どこかへ行ってました。

ふわっと感の正体がわかるかも??
とにかく、滝沢さんのお話に夢中でした。

 

そして、後日、ふわっと感の正体に気づくことが出来たのです!
答えは自分自身!
今までの自分のちぐはぐな行動、全てがふわっと感で解決することが出来たのです。
もう感動でした!!

 

引き寄せたの??

356545

 

竹川さんには、後日お会いした時に謝りました。
滝沢さんのことをリサーチもせずに、行ったことをです。
竹川さんはきっと怒らないだろう、と信じての行動だったのですが。

竹川さんは笑って許してくださいました。
それよりも、私が自分をようやく発見出来たことを喜んでくださいました。
引き寄せたね、と喜んで下さいました!!

そうかー。
私、引き寄せたのか。

ふわっと感のことしか考えてなかったから、引き寄せが出来たみたいなのです。

 

しんさんから見た光景

昨日、しんさんとスカイプでお話したんです。
それで、しんさんにも、実はあの時、、、って言いました。。

しんさん、びっくりして、笑ってました。
「はるさん、大物になりそうですね、笑」

いやいや、そんなつもりは全く。
ただ、最近、自分の感を信じたい、そんな風に思うのです。

 

そして、しんさんから見た光景を話してくれました。
滝沢さんの眼差しがとっても真剣だったそうなんです。
ジェスチャーも使って、それはもう熱心に教えてくれていました。
物凄い熱量でした。

 

なぜ、滝沢さんがそこまでして、初対面のはるに教えてくれたのか??

それは、私も疑問でした。
いいのだろうか?と思う位、有料級のセミナー+個人コンサルをして頂いた感じでした。

 

しんさんは、1番最初に、竹川さんとはると3人でお話した時、すごく楽しかったそうなのです。
はるは、もちろん楽しかったのですが、しんさんが楽しかったって、嬉しいけど意外です!!
だって、あの時、はるは人生どん底でこれからどうしよう、、、的な不安しかなかったんです。

はるの今までやってきたことを聞いたら、

「この人、実は、はちゃめちゃな人www」

って思ったそうなんです。
どういうことですか、しんさん、笑

 

だから、滝沢さんも、ギャップを感じて、今教えてあげたい、と思ったのでは?
実は、はるは、すごい人の熱を引き出せる能力を持っているのでは??

しんさんは、そんな風に思ったそうなんです。
どういうことですか、しんさん!!

 

教えてもらうのが上手。
だから成長する。
だって、すごい人に気に入ってもらえるのだから。

 

え???
そうなんですか???
そんなこと、考えもしませんでした。

あの時は気に行ってもらおうとか、自分をアピールしようとか、そんなことは一切なく、自然に出来ていたことでした。
ふわっと感に悩みすぎていて、自分でもわからなくなっていた時に、滝沢さんが熱く語って下さったのです。
それがもう、自分でもとにかく面白かったのです。

 

自分の感を大事にしよう♪

自分の勘って、結構大事です。
なんとなく思ったことって、意外と合っていたりします。
はるは、最近過去のことを振り返って、なんで自分があの時そう思ったんだろう、とか考えると、だいたい勘なんです。
結果的に良い方向に行くときって、第6感だったりします。
だから、私の場合、「勘」よりも「感」、この漢字がしっくりきます。

世間体を気にしたり、ホントはなんか違う気がするけど、やってみたことって、やっぱり違っていたりします。
なんでも、自分の心に正直になることが大事なのかもしれません。

 

だからといって、今回のはるのように、
大事な方に会うのに、「下調べもせずに行く」とか、そんな真似はしないでくださいね、笑
無謀ですよ、笑

これは、あくまでも、今回の私の体験談です。
その時の、あなたの感はまた違うはずです。
あなたの感を大事にしてくださいね。

続く。
⇒続きはこちらからどうぞ









あなたの好きなことで楽しく動画を作ってみませんか?

「3つのステップで安心のYouTubeの始め方ガイド」プレゼント中!

>>プレゼントを見てみる(無料)



パソコン苦手の主婦の方にも安心!優しいYouTubeの教科書

⇒YouTubeで好きなことをコツコツアップする秘密がたっぷり



スポンサーリンク

 -過去日記, , , , ,

  関連記事

ペットが見せてくれた奇跡のジャンプに涙。幻の長生きうさぎのブログ

こんにちは♪ はるです。 私は動物が苦手です。 子供の頃のトラウマがあるのです、、 犬に追いかけられ

動物が苦手って言った方がいい?理由は子供の頃のトラウマでした

こんにちは♪ はるです。 昨日は、動物が苦手なんです、、、 と初めてブログで打ち明けました。 ⇒詳し

犬から見た人間って?ワンちゃんには私が若くてキレイなお姉さんに♪

こんにちは♪ はるです。 近所に、ちゃん太くんっていうワンちゃんがいるのです。 ちゃん太くん、めっち

女子っていくつまで?世間一般の常識に怯える日々がばからしくなる!

こんにちは♪ はるです。 ここ最近、なんだか落ち込むことが多かったのです。 他の人と比べて、自分って

動画編集がめんどくさい!この壁を乗り越えるのに6ヶ月かかりました。

こんにちは♪ はるです。 YouTubeを取り巻く未来について、お話していく予定です。 前回は、私が

目標達成するため宣言は必要?セミナー講師になる宣言してわかったこと

こんにちは♪ はるです。 YouTubeを取り巻く未来についてお話する予定です。 まずは、私が動画を

動画の再生回数が1ヶ月で6000回!嬉しいはずがクレームに怯える日々

こんにちは♪ はるです。 YouTubeを取り巻く未来についてお話していく予定です。 その前に、私が

理念があると共感され、思いが伝わる!理念は誰にでもあるオリジナル

こんにちは♪ はるです。 今回は、テーマについて考えてみたいと思います。 昨日、竹川さんと竹川さんの

クリスマスがツラくてブログが書けない、、誰に向けてブログを書く?

こんにちは♪ はるです。 今日はクリスマスイブですね♪ あなたは、どう過ごされましたか? え、聞かな

自分へのメッセージなのかこれは!誰に向けてブログを書くのかが大事です

こんにちは♪ はるです。 2016年がスタートしましたが、、 実は1日から、私得意の大混乱起こしまし

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • はるさん用イラスト1

    こんにちは♪
    猫かぶりユーチューバー
    ふわっと優しさコンサルタントの、はるです。
    ⇒詳しいプロフィールはこちらからどうぞ♪

    好きなことを仕事にしたい!
    好きなことをして、生きていきたい!
    ネットビジネスで好きなことを発信してみたい。
    でも、ネットビジネスって何やったらいいの?
    ネットビジネスって言葉、ちょっとコワイ。。。

    じゃあ、まずは好きなことを動画にとって、YouTubeにアップしてみませんか?
    なにもユーチューバーみたいに派手なことしなくていいんです。
    あなたがなんとなく好きなこと、ちょっとだけ得意なことを動画に撮るだけです。

     

    YouTubeをこれから始めるあなたへ贈る
    5つのステップで簡単!
    「YouTube の始め方ガイド」プレゼント中~
    ⇒詳しくはこちら
     


  • 初めての方が最初にやること、こちらです!


    YouTubeで迷ったらこちら。丁寧な動画解説付き。


    コピペはダメ!ルールを守ってYouTubeを楽しもう♪


    動画編集がめんどくさい人にオススメ


    iPhoneでここまで出来る!動画編集に感動

断られたらファンになる?美容室マーケティングの気づき

こんにちは♪ はるです。 久しぶりに美容室に行ってきました。 私は美容室に行くと、新たな気づきをたく

セミナーに参加する意味とシノさんMさんから学ぶこと【ペンギンアフィリエイト】

こんにちは♪ はるです。 2017年5月27日、私の師匠の竹川さんのコンサルパートナーお仲間の、シノ

no image
【続編】家売るオンナSPドラマで北川景子サンチーが帰ってくる!5.26放送

こんにちは♪ はるです。 日本テレビ系、北川景子主演の「家売るオンナ」 人気の高いこのドラマが、スペ

ネガティブは私らしさ。ネガティブを話すと心と身体のコリがとれるいろり会に参加!

こんにちは♪ はるです。 先日ブログのお仲間「ゆたんぽせらぴすと・イクミさん」のワークショップに参加

ウチくる!?ブタが好き!かたせ梨乃と相吉モネに学ぶブログのテーマ選びのコツとは

こんにちは♪ はるです。 テレビは私にとって、マーケティングの教科書です。 それは私自身がテレビが好