気になる歌詞の著作権!ブログでの歌詞の掲載は一部引用なら大丈夫?

こんにちは♪
はるです。

ブログを書いていると、著作権って気になりますよね。
どこまで書いていいんだろうか。
これは合っているんだろうか。

好きなアーティストの曲の「歌詞」を紹介したい!
今回は、歌詞の著作権について、お伝えいたします。


スポンサーリンク


大好きなアーティストの曲の歌詞を紹介したい!!

自分が好きなアーティストの、この曲の、この歌詞が素敵なんです!!
そんな想いであなたも、「歌詞をブログで紹介したい!」と思うことがあるかと思います。

でもちょっと待って!
その歌詞には、著作権、というものがあります。
勝手にブログに載せると、著作権料というものを払う必要が出てきます。
最悪は、訴えられて、あなたの大事なブログがペナルティーを受けることになってしまいます。

 

歌詞を全部載せることは、、

歌詞を全部載せることは
⇒NGです!!

今すぐやめてくださいね。

 

それでも、歌詞を紹介したい?

基本的には、一部引用ならOKと考えられています。
歌詞の一部分だけを引用する、ということです。
ですが、それにも条件があります!

 

歌詞を引用する時の条件

  • あくまでも、自分の文章、自分の主張が主。
  • どうしても、引用せざるを得ない、という理由を記載。
  • 批判は絶対にしない。

これらの説明が必要です、

批判ではなくて、この歌詞のこういうところが大好きで、どうしても今回こんな理由で引用させて頂きました!!
という説明。
そして、ブログの文章には、あなたの主張、想いをメインに綴ってください。

 

本の引用と基本的に同じ

本の引用と基本的には同じです。

なので、

〇〇〇

このように、ちゃんと“〇〇〇”として、引用している部分を一目見て分かるようにする必要があります。

 

そして、
曲名、作詞、作曲者、を必ず一緒に明記する必要があります。
どこから引用したのか、をきちんと記載するのです。

CD「〇〇」より引用。
作詞〇〇 作曲〇〇

 

リスクはゼロではありません

ここまでやれば、もうOK??
安全確保ですか???

実はリスクはゼロではありません。

著作権に関しては、こうすれば絶対に大丈夫、というものはないのです。

だから、どうしても引用したい、という場合のみ、にした方が良いです。
以前浜崎あゆみの歌詞の一部を紹介させて頂いたことがあります。
私はこの曲が好きで、この歌詞を改めて読んで、自分の気持ちをブログに書いてみました、という記事です。
実は、かなり落ち込んでいた時に書いた記事なので、びっくりするくらい重い内容だったりするのですが。。汗
例として参考になるかどうかは微妙ですが。
気になる方は、こちらご覧くださいませ。
⇒浜崎あゆみの「a song for ××」の歌詞に共感!まるで自分のことかと、、涙

 

まとめ

好きなアーティストの曲の歌詞を紹介したい時に気をつける著作権について、ご説明しました。

歌詞を全部載せることはNGで、
一部引用であれば、大丈夫な場合がある。

あくまでも、あなたの文章が主体で、どうしても歌詞を引用せざるを得ない、ということをちゃんと書くことが必要です。
それでも、リスクがゼロになるわけではないです。

大事なのは、あなたの言葉で、あなたの想いをブログで伝えていく、ということです。
その中で、読者さんにとって必要な情報であれば、一部引用、として紹介してみてくださいね。

 





自信がない・・
不安がいっぱい・・
そんなあなただからこそ夢が叶う♪
期間限定!!
やりたいことが見つかってお仕事に出来る!
▼3つの秘密の動画をプレゼント中~(無料)



▼美味しいレシピで夢を叶えるならこちら(有料)



こちらも合わせてどうぞ