SNSは使った方がいいですか?(ブログのアクセスアップ、拡散してもらうため)

SNSは使った方がいいですか?(ブログのアクセスアップ、拡散してもらうため)

こんにちは♪
あなたのやりたいを見つけるコーディネーターはるです。

「SNSは使った方がいいですか?」

よく聞かれるこちらの質問について、お答えします。

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどなど
いろいろなSNSがありますね。
ブログのアクセスを増やすために、拡散してもらうために、
ありとあらゆるSNSを使っている人がいますが・・・

私の考えは、「やらなくていい」です!!

今すぐやめよう!!


スポンサーリンク

ブログに集中!

まずは、「ブログ」を書くことに集中しましょう。
「ブログ+YouTube」の人は、その2つに集中しましょう。

SNSに気を使う時間があったら、
とにかく、毎日1記事書こう!
とにかく、毎日1動画アップしよう!
こっちの方が大事です!!
資産を作っていきましょう!

◆例外があります◆

でも、あなたが好きなら、好きなものだけ続けてください!!
例えば、あなたがツイッターが好きならツイッターだけ続けてください!!

ツイッターが好きな人は、それを発信することが息抜きになっています。
つぶやきたくてつぶやきたくて、つぶやいているのです。
あの人たち、つぶやきたくてツイッターしているのですよ!!
びっくりですよねー!!

好きじゃない人は、ただの義務感になってしまったり、苦痛になってしまっています。

好きな人は楽しむ度合いが違うのです!!

好きで、楽しんでいる人から取り上げてしまうと、かなり落ちこみます。
なので、あなたがツイッターが好きなのであれば、息抜きとして、このまま使っていってください。

好きではないなら今すぐやめる!

好きではないのに続けている人は、今すぐやめよう!

はるの場合は、ツイッターはただの義務感で使っていましたので、全く楽しめませんでした。
なので、今は全く使っておりません。

フェイスブックの方が、好きで使っていました。
でも、ブログに集中するために、投稿はやめました。
(今は適度にリサーチに使ってます。)

ブログを始めた最初の頃は
自分の近況はもちろん、料理ブログの更新もアップしていました。

でも、自分の投稿に対して、

「いいねがつく」
「コメントがつく」

ここに敏感になりすぎて、ブログに集中出来なくなってしまったのです。

スマホに赤い数字がつくと落ち着かなくなってしまったり
(赤い数字が出ないように設定できます!)

いつもいいねやコメントをしてくれる友達には、
私もいいねをしないと!
コメントしないと!
そう思ってコメント周りもしていました。

更には
自分の投稿にいいねが少ないと落ち込んだり、誰がいいねをしてくれたのかをチェックしたり
仲の良い友達が別の友達にはいいねをして、私の投稿にいいねをしていないとものすごくショックを受けたり

その時には気が付かなかったのですが
今考えると、本当に余計な時間ばかりとられていました。

更に言うと、
フェイスブックは、リア充を堂々と自慢する場所です!!
ママたちが旦那自慢したり、子ども自慢したり、起業家さんたちが素敵なランチ会を開催したりするキラキラな場所です。

これから、ブログで成果を出していこうと頑張っている時に見ると、尚更落ち込みます。
リア充ムカつく〜!!となってしまうのであれば、見ないこと!

あなたのお客さんは誰ですか?

ツイッターもそうですが、フェイスブックの場合は、つながっている人は、同業者や、友達がほとんどです。
友達と言っても、中途半端な知り合いがほとんどです。

あなたの大切なお客さんではないのです。
友達に気を使ったブログ更新になってしまっているのです。

自分の視点が別の方を向いてしまうのです。
目を向けるのは、ブログのお客様です。
集中しよう!!

ブログはたった一人の人に向けて書く

お客さん像がわからなかったり
ブログのコンテンツがまだない時に

お友達のことを気にしてしまうと、意識が雑になってしまうのです。

ブログは一人の人に向けて書いた方が威力が半端ないのに
自ら、たくさんの人に好かれようとしてしまうのです。
これでは誰にも響きません。

結論

人の目を気にしすぎてしまう人は、SNSはやらなくていい!!

この言葉を聞いて、ほっとした人は、やめよう!

さあ、ブログに集中だ!

その他のブログのQ&Aはこちら





自信がないからこそ夢が叶う方法知りたいですか?
▼3つの秘密の動画で暴露してます・・・(無料)
border=0
人生は今からやり直せます!



1月31日まで限定!
▼お年玉プレゼントはこちらから
border=0
ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ