朝ドラ「ひよっこ」時子のツイッギー優勝から学ぶネットビジネス成功の3つの秘訣

朝ドラ「ひよっこ」時子のツイッギー優勝から学ぶネットビジネス成功の3つの秘訣

こんにちは♪
はるです。

私の好きな、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」
ものすごーく毎日楽しく見ていました。

ひよっこの良い所は、もうほんとにたくさんあり過ぎて語り尽くせませんが、何気ない日常に幸せがたくさんあることに気づかせてくれるドラマでした。
主人公のみね子(有村架純)をはじめ、これだけ普通の人たちの暮らしぶりに焦点を当てた朝ドラは今までなかったのではないかと思います。
みんながみんな良い人だなんて、うそっぽくてちゃっちい感じになりそうなのに、愛に溢れた素敵な作品でした。
ほんとに毎日幸せな気分になりました。

脚本を書かれた岡田惠和さんに、私は敬意を表したい、と思います。


スポンサーリンク

ひよっこで印象に残っているシーン

 

印象に残っているシーンは、主人公のみね子の親友の時子(佐久間由衣)が、ツイッギーコンテストで優勝する時のスピーチです。
私はしびれました。
かっこいい!と思いました。

女優を目指して上京したものの、なかなか芽が出なかったんです。
ずっとくすぶっていたんです。

そんな時子がなぜ優勝出来たのか。
ここには、ネットビジネスで成功するための秘訣と通じるものがあります。
その秘訣について、解説していきたいと思います。

第24週「真っ赤なハートを君に」140話より

ネットビジネスで成功するための3つの秘訣とは

①プライドを捨てて、今までとは違うやり方にチャレンジしたこと

プライドを捨てて、女優のオーディションではなく、モデルのオーディションを受けたこと

 

②勇気を出して、その道のプロに相談をしたこと

勇気を出して、大女優の世津子さんに相談をしたこと

 

③自分の魅力を素直に受け入れたこと

親友のみね子が語る、時子にはこうあって欲しい、という言葉。
その言葉を素直に受け入れたこと。

 

この3つのポイントが時子が優勝して、女優の道へと進むきっかけになった秘訣です。
それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

①プライドを捨てたこと

それまでは、女優、という道に進みたいがために、劇団に入って、オーディションも受けて、なんとか小さな役をもらえていた売れない女優でした。
なまりや背の高さで、ばかにされたり、上手くいかないことが多かったのです。

そんな時に見つけた、ツイッギーそっくりコンテスト。
劇団の仲間は、そんなものに出場するなんて反対だ、と言います。

でも、時子は悩んだ末にやってみよう、と決意をします。
プライドなんて捨てたのです。
とにかく優勝して、スターになる道に進む決意をしたのです。

 

②勇気を出して、その道のプロに相談をしたこと

偶然にも、大女優の世津子さんがあかね荘に住むことになりました。
スキャンダルで休業中、とは言え、その道のプロです。
こんなチャンスはありません。
みね子のすすめもあり、時子は、勇気を出して、世津子さんにアドバイスを求めたのでした。

 

その道のプロに相談する。
これは何事においてもとても大事です。
素人同士でいくら話し合っても、何も解決しないことが、その道のプロに聞けば、一瞬で解決する、ということが山ほどあります。

ネットビジネスも、先生に習うことが何よりも大事、と言われるのは、そのためです。
道が開けていくのです。

 

このコンテストは、商品を売るために作られたブームという側面があるかもしれないと裏を読みつつ、でも、それを超えたブームなのではないかと世津子さんは力説します。

 

「女の人が選ぶスターが求められているんだよ」

 

この世津子さんの一言が、時子の道を開いていくことになります。

 

③自分の魅力を素直に受け入れたこと

世津子さんのアドバイスを受けて、時子は、あかね荘の女性陣に集まってもらい、自分で考えた自己PRを聞いてもらいました。

 

そこには、時子のそれまでの苦労が語られていました。

高校の時から女優を夢見て上京したけれど、訛りや背の高さで泣いてきました。

でも、

「私は私でいいんだ、自分に自信をもって頑張ろうと思いました」
「ツイッギーのようにありのままの自分で輝ける存在になりたいです」

 

すごくいい文章でした。
私はちょっとぐっときました。
正直に、ありのままに、時子が自分の心境を書いたのです。

 

みね子も「泣きそうになった」と言います。

でも、みね子は時子らしくないと言うのです。
今まで控えめにしていて、どちらかと言うと、周りの人を気にしてあまり自分の意見を言わないみね子が言う言葉には重みがありました。
幼なじみで、上京してからもずっと一緒にいたみね子が言う言葉だからこその説得力がありました。

 

「時子にはもっと堂々としていてほしい。」

「女の子が時子を見て、時子みたいになりたいなって思うようであってほしい」

 

みね子が語ったことは、みね子が感じる「時子の魅力」だったのです。

 

みね子の言葉を聞いて、世津子さんが言った言葉が衝撃的です。
「がんばってきました、はおじさんたちの大好物」だと言いました。
さすが世津子さんです。
今回のコンテストは、「女の人が選ぶスターが求められているんだよ」なのです。
お客さん像を間違えるな、ということです。

おじさんの求めるスターであれば、がんばってきました、のお涙頂戴でいいのです。
でも、今回は違う。
女の人が選ぶのです。

時子はもう一度、自己PRを自分で考え直します。
女の人に自分の魅力をどう伝えたらいいのかを自分の言葉で考えます。

 

そして、女子達だけのリハーサルが始まる

 

続く

続きはこちらから





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ