弱音や愚痴は吐いてはいけない?我慢しろ?耐えろ?いやいや、むしろ、吐いてください!!

弱音や愚痴は吐いてはいけない?我慢しろ?耐えろ?いやいや、むしろ、吐いてください!!

こんにちは♪
あなたのやりたいを見つけるコーディネーターはるです。

あなたは、弱音や愚痴を言うって、ダメなことだと思いますか?
私はずっと、ダメなことだと思っていました。

「そんな弱気なことを言っているから、お前はだめなんだ!」

という、親や上司の顔がちらついてしまうのです。

だけど、弱音や愚痴は、むしろ吐いた方がいいです。
あなたのためです。


スポンサーリンク

誰にだって、弱音を吐きたい時がある

誰にだって、弱音を吐きたくなる時があるんです。
頑張っているからこそ
努力しているからこそ
弱音は吐きたくなりますし
愚痴だって言いたくなります。

それが人間だから。

 

愚痴と言っても、
ひたすら上司の悪口大会になる、会社の飲み会とか
ひたすら誰かの悪口を言い続ける女子会とか

そういうのは、

私はほんっとに、

大ッキライ!!

なんです。

今は、そういうものには、一切近寄りません。

 

 

そうではなくて、

弱音を吐くのは悪いこと、と思って、
自分が耐えればいい、と我慢してしまう。

 

あなたがそういう性格なのであれば

むしろ、弱音は吐いてください。

 

身体と心があなたを全力で守ってくれています

弱音を吐くことは悪いことだと思って、我慢し続けると、

体調不良が起こります。

あなたの身体は、あなたを守ろうとしますので、
あらゆる手を使って、我慢をやめさせようとします。
次々と体調不良が起こりますよ。

それはもう、身体は必死ですよ!!
だって、あなたの身体が大切だからです。
守ってくれているのです。

 

ここで気づいて、弱音を吐けたら良いのですが。。。

 

それでも、責任感が強過ぎる方は、

自分が頑張らなければ、
自分の頑張りが足りないのだ、
これ位のことは耐えなければならないのだと

更に頑張り過ぎてしまうのです。

そうすると

 

心が不安定になってきます。

心が悲鳴をあげているのです。

 

 

あなたの身体も心も、あなたのことを守ろうと必死です。
身体と心がすり減ってしまって
ぼろぼろになる前に
ちょっとずつでいいんです。
弱音を吐けるようになってください。

 

だけど、ここで注意点が。

 

あなたが信頼出来る人限定!

弱音を吐く相手を間違えると、大変なことになります!!

 

弱音を吐く相手を間違えると、

「何をバカなことを言っているんだー!」

と言われてしまって
再起不能までに落ち込むことになってしまいます。。。

 

あなたが、信頼出来る方に、弱音を吐いてください。

 

私は、師匠の竹川さんに、
おそらくコンサル生NO.1であろう数々の弱音を吐いてきました。
そこは、自信をもって言えます!

 

それは、師匠を信頼しているから言えることであって、
弱音を吐けるからこそ
そこで立ち止まらずに
また前に向かって進めるようになるんです。

 

だから、私も、自分のサポート生さんやコンサル生さんには、
弱音も愚痴も吐いてもらいます。

 

弱音を吐ける人の方が強いのです!

そして、弱音を吐ける人の方が、
実は強いのかもしれない、と思うようになりました。

 

弱音を吐くことで
今、自分が抱えている問題を解決しようとしていて、
少しずつ、少しずつ、
前に進んでいくことが出来るのです。

 

だから、あなたも、
はるの前では、かっこつけ、なんて必要ないんです。
遠慮をしないで、弱音を吐いて頂けた方が嬉しいです。

でも、

今まで長く人生経験を積んできた分、
そんなにすぐに弱音なんて吐けません。

ガチガチの鎧をつけて、かっこつけていたい、
そんなプライドの高いあなたのことも嫌いじゃないですよ!!

 

そして、弱音って、吐こうと思って吐くものでもないです。

気づいたら、吐いてしまっていた。。。

そんな感じだったりします。

 

なので
あなたの頭の片隅に、

「弱音も吐いていい」

ということを置いておいてもらえたら、嬉しいです。





▼自信がないあなただから輝く

人生は今からやり直せます!



▼未来が整う!ブログの書き方!

ブログとは未来を作るものです!




こちらも合わせてどうぞ